« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

【鉄旅】九州旅行3日目B・福岡の すごい 地下鉄

 博多に到着。ちょうど反対側のホームにリニューアル・ソニックが止まっているので手早く撮影。メタリックブルー一色というシンプル極まりない塗装だが異様なまでの存在感を放っている。渋いなぁ・・・。

続きを読む "【鉄旅】九州旅行3日目B・福岡の すごい 地下鉄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった

 5時30分起床。外はやはり真っ暗だ。
 長崎駅前6時23分の始発の赤迫行で本日の乗りつぶしを開始する。

続きを読む "【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ

 新八代で今度はリレーつばめに乗り換え大牟田に向かう。リレーつばめに乗車後昼食タイム。

続きを読む "【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く

 午前5時40分起床。20分ほどで準備してアーケード内の松屋で朝食。朝から豚めしは結構胃に来る。

0512wv201

▲健軍町電停にて

 熊本市電の共通駅名案内板。結構ムードがあり良いデザインだと思う。

続きを読む "【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

【鉄旅】九州旅行1日目B・行き止まりのトンネルの中で

 別府から「特急・九州横断特急3号」で豊肥線立野駅に向かう。スイッチバックをバック運転でそろそろと降りホームへ滑り込む。

続きを読む "【鉄旅】九州旅行1日目B・行き止まりのトンネルの中で"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【鉄旅】九州旅行1日目A・小さな遊園地の物語

 隣の車両にいる車掌さんに声をかける。

続きを読む "【鉄旅】九州旅行1日目A・小さな遊園地の物語"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄旅】九州旅行0日目・ナチュラルノイズメーカー

※12月28日の話です。

 京都駅7番ホーム。現在唯一となってしまった関西発九州方面の寝台特急「なは・あかつき」が停車している。
 思い起こせばこの春の日本一周旅行のスタートもこの列車だった。

0512wv101

続きを読む "【鉄旅】九州旅行0日目・ナチュラルノイズメーカー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

【鉄旅】九州旅行・決戦前夜

 いよいよ今晩冬休み旅行に出発である。

 準備は(だいたい)万端(なはず)!天候も31日を除いてはおおよそ良好でまぁ日頃の行いがモノを言っているようで(笑)。

 さぁこれであとは20時09分発の「あかつき」に間に合うかどうかだけが問題で、もし間に合わなければ新幹線で新大阪から岡山まで先回りするしかないわけで、ネタ的にはおいしいかもしれないがお財布に優しくないので勘弁して欲しいですね。

 初回レポートは29日の夜23時頃を予定しておりますのでお楽しみに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

【鉄道】羽越本線上で脱線事故発生

 この年の瀬にまた鉄道事故のニュースが・・・。
 最近取り上げる鉄道関連のニュースといったら暗いニュースばっかりじゃないか・・・。
 いなほ14号が山形県の羽越本線上の砂越駅から北余目駅間の最上川橋梁付近で突風にあおられて脱線転覆、2人死亡(26日0時現在)重軽傷者35名前後とのことである。
 上沼垂区所属の485系3000番代の6両編成のうち前より3両が完全に横倒しになり大破している模様。
 まだ3人車内に閉じ込められているということである。暖房は当然効かず迅速な救助が望まれる。これ以上もう死者の増えない事を祈るのみだ。
 しかし東北地方で風で脱線転覆と聞いて真っ先に701系だと思ったのだがまさか485系が倒れるとは・・・。

#追記:26日朝の時点で3人死亡に・・・。

4853000a

▲ 参考・上沼垂区485系3000番代

 今はもうない「はくたか」運用時の写真(2002年2月 富山駅にて)

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2005年12月25日 (日)

【Bトレ】JR東海313系セントラルライナー

 さぁ年賀状も印刷した。部屋の大掃除も片付けた。

 では現実逃避第2弾。

 JR東海の313系8000番代、ゼニトラレルセントラルライナー。

 クモハ313+モハ313+クハ312の3両編成のみなので2セットを買わないといけないがイヤでも中間車が1両余る構成になっている。とりあえず3連で落成。

Jrc313cl01

Jrc313cl02

 これまた塗装の状態は複雑なパターンだというのに完璧に近い。扉の開閉用スイッチの部分だけご丁寧に塗装が途切れさせてあるという芸の細かさ。またスカートも愛環と作り分けられています。

 あ、そうそう。よく調べたら313系列のトイレは常にTcに装備されているんですね。それくらい当たり前すぎて書かれてなかったんだろうか・・・。

 運用上ほとんど6両で使われていますので本当はもう1ユニット欲しい所だったのですが予算の加減で買わなかったのがちょい後悔。まぁもし買える機会があったら接収するとします。

 次は313系0番代の予定ですが年明けかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Bトレ】愛知環状鉄道2000系

 あはははは、やっぱり時間ない~。

 うん、こういう時は現実逃避だね☆

 ということで。日車夢工房限定品(名目上はね)の愛知環状鉄道の2000系です。

 実車写真は【鉄旅】名古屋が白く染められた日に を参照してください。ただしBトレで再現不能な2次車(2パンタ車)ですがまぁそれ以外は一緒です。

続きを読む "【Bトレ】愛知環状鉄道2000系"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

【雑談】時間ねぇ

 聖夜に皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 ・・・時間ねぇ!!

 年賀状も出来ていない!

 旅行の準備も出来ちゃいねぇ!

 年末の番組のタイマー予約も仕込んでねぇ!

 部屋の大掃除も手につかねぇ!

 前の旅行記の写真を貼っているヒマもねぇ!

 Bトレに触るヒマもねぇ!

 当然こんな文章を書いている暇もないはずだっ!!

 ・・・あぁぁ、神様。私にあと今日を3時間くださいませんか・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

【鉄旅】名古屋が白く染められた日に

 午前4時45分、自宅を出るとそこは一面の銀世界のままだった。
 昨日から降っていた雪が凍結して路面は凍結しきっている。何回か足を取られながら花園駅へ向かう。

続きを読む "【鉄旅】名古屋が白く染められた日に"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【Bトレ・鉄旅】名古屋へ行ってきた。

 つーか滅茶苦茶疲れたので詳細は明日に・・・。

 とりあえず雪に振り回された一日でした。

Dsc08640b_1

 結果報告: 

 313系×8 313系セントラルライナー×4 愛知環状2000系×4 名鉄 モ510形+モ520形(旧急行色)×1

 313系列の半分はマイミクさんの代理購入分です。さすがに一人でこれだけは買わないよ(笑)。

 新規乗車区間:

 名鉄瀬戸線:栄町→尾張瀬戸間

 愛知環状鉄道愛知環状鉄道線:高蔵寺→八草・新豊田→岡崎間

 豊橋鉄道渥美線:新豊橋→三河田原間

 ということで。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

【Bトレ】京王5000系・その4

 やっと終わった(笑)。 

Keio5000d01_1

 まずはうっかりしていて存在を忘れかけていた5113F、非冷房の3両編成です。3両編成のトップナンバーの編成ですね。後に集中クーラーが搭載されました。

 で、これでラスト。

  Keio5000d02

 5121F+5013Fの変則6連固定編成。

 5121Fはもともと3両編成だったのだが事故でクハ5871が廃車になってしまいその後5013Fと固定編成を組んで運用された編成。末期には5021Fからクハ5771が編入され7連になっていたそうだが。

 実物の5013Fの先頭車は分散クーラーだがまた違うタイプ(6000系の分散型と同タイプ)だったのだがそんなんは気にしない。

Keio5000d03

 編成の接続部アップ。そもそも先頭車の貫通扉と中間車の扉の幅が全く違うのでホロで繋いで渡る事が出来ないので塞ぎ板を入れていたわけです。

 ちなみにこの先頭のデハ5100形の分散クーラー+パンタの屋根板はこの製品には付属していない富士急行1000系に付属しているものを転用しているので再現する時には要注意である。

Keio5000d04

 28両勢揃い。これだけあっても同時にレイアウト上に走らす事は出来ないのですが。

 さてこれで安心して名古屋で313系を買い込めます(笑)。

 #5013Fのクーラーに関してKaz-T様から情報をいただきましたので加筆・修正しています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

【雑談】バイク壊れた

 昨日の通勤途中に急にバイクがおかしくなった。

 信号で止まってもバイクが勝手に前進するのだ。強引にブレーキをかけて足で踏ん張ってようやく止まるような有様である。これはヘンだということで今日早速バイク屋さんに回収してもらって調べてもらった所、

 「クラッチのスプリングが折れて常時繋がっている状態になってますね。かなりひどい状態になってます」とのこと。「クラッチ部の交換とオーバーホールが要りますね」とも。

 「・・・、でいくらくらいかかります?」

 「大体ですけど2万5千円くらいしそうですね」

 ぎゃーっっっっっっ!!!!!!!

 ・・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

【Bトレ】京王5000系・その3

Keio5000c1_1

 3本目は厳密に言うと5100系、の5125F×3Rです。集中クーラー装備の3両編成です。

 ある意味5000系列では一番有名、というか一番最後まで生き残った編成です。営業編成としては他の車両より少し早く引退したのですが事業用車として生まれ変わりつい昨年、2004年11月まで使用されていました。

 ということで意外に重要というか使い勝手のいい編成です。

Keio5000c2

 まずその1。シャーシに台車をはめてチキ風にして事業車編成の再現(笑)。この時に扉塞板がやっと役に立つわけです。まぁさすがにこのままでは間抜けなのでそのうちクレーンでも作ってみます。まぁプラ棒とか持ち出すと大変ですからペーパーモデルでいいでしょう。着色もいらないし。

 そしてその2。ここまで作った3編成を連結して、

Keio5000c3

 堂々の9両編成です!

 1987年から1988年までのほんのわずかな時期に他の編成の工事のために5018Fと5020Fの両端のクハを外して6連にして更に5125Fを連結して走った事があるそうです。実はこれが一番やりたかったの(笑)。

 さぁ次はラスト、5121F+5013Fの変則6連です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

【鉄旅】九州旅行・またしてもJTBが・・・

 土曜日の話になる。やっとJTBへ周遊きっぷその他の回収に行ってきたのだが・・・。

 周遊きっぷの帰り券を見ると「周割05」となっている。すぐにツッコミを入れてすぐに訂正してもらう。

 復路のきっぷは「北九州市内→京都市内」なのだが「新大阪から京都は東海道本線」という指定を本来かけていたのに「新大阪から京都は東海道新幹線」と間違って発券しているのだ。たったこれだけの事でなんとこのきっぷ、1350円も値段が変わってくるのだ。

 いうまでもないが「片道600km以下のアプローチ券で東海道新幹線をたとえ一区間でも使用すると割引率が20%から5%へ下がる」のが原因。

 間違えるJTBもJTBだがこんなクソルール作ってただでさえややこしい周遊きっぷを更に使いにくくしているJR東海にも怒りを禁じえない。だいたい「東海道新幹線は東海道本線の増設別線」という話はどこへ行ってしまったのやら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Bトレ】京王5000系・その2

Dsc08399b

 はい一週間ぶりの2本目~、京王5000系5722F×4Rです。

 1996年の引退記念撮影会で片方だけネコヒゲを入れられた編成です。つまりこの状態では営業運転はされていません。

 分散クーラー装備の4両編成で、非冷房車の先頭車側面を入れ替えただけです。塗色の違いが意外に目立ちますね・・・orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【雑談】その 初雪の日曜日には・・・

 しばらく異常に寒い日が続いていたにもかかわらずなぜか雪の降らなかった京都にもついに初雪が!それなりには積もりました。休日でよかったよ・・・。

 今日は模型屋巡り(笑)で神戸・大阪へ。

 すっかり白くなった道を歩いていく。

F1000021b

 色の白いのは七難隠す、ゴミ箱ですら雪が積もるとそれなりにキレイに見える(笑)。

 乗り潰しが目的ではないのでだらだら行く。

 阪急の一日乗車券「マルーンチケット」を購入。1200円なので河原町からだと六甲以西の単純往復で元が取れてしまうことに昨日気がついたので使用する。

 三宮ジョーシンでパンタやら鉄コレのトレーラーキットを購入してから六甲の六甲模型教材車へ。ここで先日問題になった京王5000系・6000系を追加購入。

 で、ついでに日本橋へも行く。

 店頭で「VIP STAR」を流すのはやめれ。吹いちまったじゃねぇか。

 ジョーシンスーパーキッズランドではケースなどを購入。これでしばらくは大丈夫・・・のはず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

【映画】SAYURI 見てきた

 珍しく映画を見てきた。「SAYURI」ってヤツね。

 ・・・・、「豪華絢爛勘違いゲイシャムービー」ってところか。

 もう突っ込みどころが多すぎて一つに絞れません(笑)。努力は認めるがとても評価できない代物でした。もう「アメリカ人がイメージする日本」そのまんまって感じ・・・。

 はぁぁ・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005年12月16日 (金)

【訃報】魔術師、還らず

 前オリックス・バファローズ監督の仰木彬氏が15日、帰らぬ人となった。

 「仰木マジック」(本人はこの言われ方はあまり好きではなかったそうだが)といわれた大胆な采配と野茂やイチローを育て上げた名監督だった。

 どこで誰を出してくるか全く予想もつかない試合は見ていても楽しかった。

 昨年初代のオリックスバファローズの監督に就任するという話を聞いて「うわぁ、仰木さん大変な仕事引き受けたなぁ、燃え尽きなきゃいいんだけど」などと友人と言っていたのだが・・・。

 私自身最後の采配を見たのは今年の5月4日。惜しくも延長で負けてしまったのだが仰木さんらしい采配だったと思う。

 ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月15日 (木)

【テツ】寝台特急「出雲」廃止決定

 寝台特急「出雲」の廃止が確定したとの報である。

 「出雲」といえば私が初めて乗った寝台列車で、当時は14系寝台車が利用されており発電機を積んだ車両が割り当てられてしまいうるさくて仕方がなかった。しかし初めて乗る寝台列車に興奮してろくに寝れなかったが楽しい一夜を過ごした事が思い出される。

 乗ったのはその一度きり。テツ趣味を再開してからも乗るのはもっぱら個室主体の「サンライズ出雲」の方ばかりで「出雲」に乗る事は無かった。

 もはや現役列車で唯一原色のDD51形ディーゼル機関車が牽引する列車ではあるがそれも見れなくなる。赤地に雲をあしらったあのヘッドマークも見納めとなる。

 京都を通過するのは上りが0時過ぎ、下りが4時前という時間であるが何とかして一度見送りに行ってやろうと思う。

 この記事から「Simples Memo」様の「寝台特急『出雲』廃止へ。」の記事へトラックバックを送信しています。

|

【Bトレ】京王5000系・その1

 先日多摩の山奥まで行って苦労して(笑)買って来たBトレ京王5000系。

 やっとこさ1編成できた。

 まだあと4連2本・3連3本・増結(事故復旧車)2連1本が控えておりますのでしばらくこのネタが続くと思われます(笑)。

 まずは集中クーラー装備の4連。5020Fをイメージしてます。

Dsc08334b_1

 実車の写真を見るとアンバランスなほどクーラーが大きく感じるのですがBトレの場合はかえってデフォルメされてバランスが取れてしまっているような気もしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄旅】九州旅行・検証完了

 やっとこさ不備をきたしていた九州旅行のスケジュールの検証が終わりました。

 そもそも7月の時刻表を見て組んでいたので10月に一部会社のダイヤ改正があったようで一部が無茶苦茶になってました(笑)。オマケに西鉄の宮の陣から西鉄二日市の区間を予定に入れるのを忘れていたのでそこも直しました。結構スケジュールを変更したものの何とか破綻なく成立してくれました。

 結局。

 12月28日 京都→(あかつき)→

 12月29日 →小倉→別府→ラクテンチケーブル→別府→立野→高森→立野→熊本

 12月30日 熊本市電→熊本→新八代→鹿児島中央→鹿児島→鹿児島市電→鹿児島→鹿児島中央→新八代→大牟田→西鉄二日市→宮の陣→(西鉄)甘木→(甘木鉄道)甘木→基山→鳥栖→長崎

 12月31日 長崎市電→長崎→佐世保→伊万里→有田→博多→千早→西鉄千早→津屋崎→貝塚→天神→天神南→橋本→天神南→天神→福岡空港→天神

 1月1日 西鉄福岡→西鉄二日市→太宰府→西鉄二日市→井尻→笹原→博多→黒崎→帆柱ケーブル→黒崎駅前→筑豊直方→直方→金田→田川後藤寺→金田→行橋→小倉→企救丘→小倉→新大阪→京都

 という事になりました。予定4日間で列車67本だから結構少ないな(笑)。東京行ったらほぼ確実に1日30本だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

【鉄旅】九州旅行・やっとホテル手配

 ここでBトレネタばかり展開してますのですっかり方向性が変わっているんじゃないかと思われるとアレですので準備中の九州乗り潰し旅行の状態について少し。

 年を跨いでの旅行というのは今までなく、っていうかお正月に人並みの休みがあるのなんて実に15~16年ぶりという有様で(笑)やや勝手がわからないところが。

 一番問題になるのは人出の予測が全く付かない事。多いのは当然だがどこに影響が出るのか良くわからない。とりあえず現状間違いなく危険なのは元旦の西鉄太宰府線と帆柱ケーブル。

 帆柱ケーブルに関しては先日問い合わせした所臨時便も出しまくるほど超混雑するとの事。という事は前後のバスにも道路渋滞など影響が出る事がありうるという事になる。当初の予想では太宰府天満宮で初詣、などと考えていたが即時折り返して時間を稼がないと危険ということになると思われる。

 というか今これ書いていてスケジュールに問題があるのに気がついた。あぁぁ、また組みなおしか・・・。

 とりあえず指定席券はとったし周遊きっぷも手配した。ホテルは今日確認したがまだまだ楽勝だった。年末にビジネスホテルのシングルルームがいっぱいになるという事態はあまり考えられないことだが。このへん単独行動の多いテツは年末だろうがあまり影響がないわけで(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

【Bトレ】手痛いミス・京王6000系

#注意! この記事はBトレと京王の車両事情を知っていないと置いてけぼりくらいます(笑)

 先日の東京遠征で買って来た京王のBトレ。

 5000系(冷房車)がメインだが6000系(旧色)も購入している。

 オークションで3両だけ手に入れていたのだがこれを3+5+2の10両フル編成にするために4箱買って来たのだ。

 計算は合う。中間車が1両余るというオチになるのだが何の問題もないはずだった。

 しかし重要な事を忘れていたのだ。

 増結2連用の屋根パーツは新色のパッケージにしか含まれていないという事を!!

 Dsc08330b_1

 ▲ 参照:これは新色の増結2連。

 ぐぁぁぁぁぁっ!!!しまったぁぁぁぁぁ!!!!!

 実の所新色の6000系は死ぬほどある。

 地上用8連+2連・地下鉄乗入用8連+2連・5連+2連の計27両。

 しかしこれ全てオークションで完成の状態で手に入れているのだ(笑)。

 よって本来発生している余剰パーツが一切ない状態なのだ。

 一箱買ってくれば解決する問題だがそうなると2両余る。

 編成にしようとして二箱買ってきたら別の問題が発生する。4両編成の6000系というのは1編成しかないのだ。

Dsc08043b

 6722F。先日こいつを撮影していたがために大コケした因縁の編成だ(笑)。

 見ればわかるが5扉車、戸袋窓なし、側面にはイラストシール入り。行先表示機の位置は普通と全く異なると6000系の中でも異端児でありBトレからこれを再現するのは不可能に近い。まぁもしやるならそれっぽいイラストをでっち上げて車体に貼ってみるしかないか。いっそ架空のアドトレインにでも仕立て上げてやろうか(笑)。

 でも困った事に買おうとしてももう6000系の新色版、京都じゃ売ってないんですよねぇ。大阪か神戸まで行くしかないのかなぁ・・・。

 あ、そうそう。旧色の10連があったかどうか知りません(笑)。どなたかご存知の方教えてください。だいたい実物に初めて乗ったのこないだの日曜日ですから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【Bトレ】京急600形&600形BST発売決定

 2100形BSTのシールに車番が含まれていた時点で予想がついていたので想定内のラインナップですが。(参照: ttp://www.keikyu-st2.com/store-2.html)

 12月20日発売予定 各1000円

 って、やっぱり通販ないんですかっ!!!

 どうにかして・・・。もう東京まで行く余力ねぇよ・・・。

 ----

<余談>

 ファンページに載っている2月・3月予定の私鉄限定版ですが、そのうち2つは正解知ってます(笑)。教えてくれた人に迷惑かかりますので明かせませんが。

</余談>

| | コメント (5)

2005年12月11日 (日)

【鉄旅】フジサン百鬼夜行

12月11日(日)、午前5時起床。

 外へ出ると天気予報どおり昨日より一段と寒い。朝一から松屋で豚めしで朝食(笑)。
 京王相模原線橋本駅へ。ホームへ上がると止まっているのは6000系8連、シングルアームに換装されたタイプの車両だ。
 5時33分、夜明け前の暗闇の中を列車は出発して行く。予定より1本早い始発列車である。
 とりあえず何も見えないが昨日とおったのと同じ区間、何となくはわかる。右側から小田急多摩線が寄り添ってきて京王多摩センター駅に到着。ここである程度乗客が乗り込んでくる。
 高架線だが山をトンネルで突っ切って行く。比較的新しい路線は大体こういう造りになっているところが多いようだ。
 若葉台車庫のある若葉台駅へ。まだお目覚め前の車両たちが車庫いっぱいに休んでいる。
 で、京王よみうりランド、悪の総本山やね(笑)。
 終点調布に到着。これで相模原線は完乗。寒い中ホームで待ち八王子行普通に乗車する。今度は7000系、6000系のステンレス版車両である。
 飛田給(とびたきゅう)という変わった名前の駅がある。この前後で過去に多重衝突事故があり5000系の先頭車が1両失われている、ずいぶん前の話だが。
 東府中到着、ここまでは9月に乗った。ここから先が残りの未乗区間になる。府中でやっと夜が明けて周りが見えるようになってくる。
 聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)、この駅の周辺はいろいろなアニメの舞台にもなっている。しかし桜ヶ丘はわかるが「聖蹟」っていったいなによ。
 高幡不動で下車。ここが本線側の車庫のあるところで変わったところで6000系改造の作業用車、デワ600形がいる。グレーに赤の警戒色の斜めストライプというかなりきっつい色の塗色となっている。
 ここから一駅、昨日の悲劇の舞台(笑)の多摩動物公園まで行く。下車した隣のホームにこの線の専用の6000系の4両編成が止まっている。混雑解消の切り札に作られた5扉車なのだが結局持てあましこの線専用にされてしまったものである。ただし雨が降ると出動しないという話もある。
 全身に動物のステッカーの張られたスペシャルペイントが施されているのでゆっくり撮影しておく。
 「1番線より多摩動物公園行の列車が発車いたします・・・」
 なっ、ちょ、ちょっと待った!!!!!
 ヤバイと思って階段を駆け下りて地下通路を走りろうと角を曲がった瞬間、

 コケた

 寒さと昨日の疲労で足ががいきなりもつれたのと床で滑ったのが同時だった。右半身を地面に叩きつけズサーっと地面を2mほどすべってようやく止まった。
 うがぁぁっ、いってぇ!!すべるのはギャグだけで十分だっ!!通路を歩いている人の支線が思いっきり冷たい。
 必死に起き上がりそれでも階段を駆け上がり1番ホームへ着くが非常にも出発して行く列車。

 痛いわ列車に乗り遅れるはこれじゃコケ損だよ・・・。

 腰と腕の何箇所かが痛む。どこかすりむいたかもしれない(後で確認したら幸いにして大丈夫だった)。
 しかし自分で感心したのだが左手に抜き身でカメラを持っていたのに根性で握り締めていた事。万が一手から離していたら間違いなく大破→終了のパターンに入るところだったよ・・・。エライぞ、俺(笑)。

 これで結局早起きして時間を稼いだ分がパー、本来の予定に戻る。15分ほどホームでポーっと待つ。1往復してやってきた車両に乗り込む。

 高幡不動を出発して右へカーブしていく。路盤がどう見ても複線分あるし架線柱も複線用の物が立てられている。かつては複線だったとか?
 途中から右手にちょうどモノレールが走ってきて併走する。あっちも遅いがこっちも同じくらい遅い。それでも電車の面目躍如、先にホームに滑り込む。
 一度出場する。ほかの乗客は多摩動物公園にはいっていく。どうやら職員の人たちだったようだ。
 折り返し5分なのですぐに戻る。そして高幡不動へ。

 高幡不動からは普通で京王八王子へ。今度は8000系8連固定編成。これで現行の京王の車両は一通り乗っ・・・あ、井の頭線の3000系の生き残りに乗ってないや。
 アップダウンの激しい路線を飛ばして行く列車。風景は少しずつローカル色が入ってくる。
 高尾線とのジャンクション、北野駅から右に曲がりJR横浜線と併走、そしてJR中央線をアンダーパスして左にぐぐっと急カーブして地下へ入るとそこが京王八王子駅。終点ゆえにシンプルな1面2線構造の駅となっている。
 ここもすぐに折り返し北野駅へ戻る。そして高尾山口行の特急に乗り換える。
 さすが特急、3駅くらいまとめて通過、高尾駅に到着。この駅はJRの駅と隣接している。
 ここから路線が単線になる。トンネルを越えて左へカーブし少し言ったところが終点の高尾山口駅。これにて京王電鉄完乗!
 しかしここにはまだ続きがある。清滝ー高尾山間の高尾登山電鉄。ケーブルカーの路線が控えている。

 駅を出て右へ走る。5分くらいすると駅舎が見えてくる。ここも天橋立のように併走するリフトもあるが当然無視。
 往復料金900円を払い乗車。8時発の始発列車に乗車。乗客は多い。お互いに挨拶を交わしているところを見るとどうやら山上の何らかの施設の職員なのだろう。
 運良く運転台横のスペースを確保する。

 そしてゆっくりと動き出すケーブルカー。ゆっくりなのはわけがある。このケーブルカー、実は「日本最急勾配」の608パーミル(角度にするとほぼ31度)の区間があるのでいきなりあんまり勢いよく出ると「上」が大変な事になるのだ。
 出発直後に短いトンネルがありいきなりがくんと角度が上がっているが交換所から向こうはまるで斜面が垂直に線路がはっているかのように見える。あ、あれが608パーミルか・・・。
 交換所で上から降りてきた車両と交換する。
 線路右側に立っている勾配標についに「608」の文字が見える。ついにきた。

Dsc08144b

 ▲ややぶれているが我慢してくださいな。

 スキー場のコースで30度といわれてもたいした角度に感じないがケーブルカーだともはやありえない角度にしか見えない。どんどんと登って行く車両。最初のうちは楽勝だったのだがついにスタンションポールに掴まっていないと後ろ向けに落ちていきそうになる。というか足元においてあるバックパックが勝手にずり落ちてくる!!おいおい、このかばん総重量間違いなく5kg以上はあるぞ。引きずろうたってそう簡単に行かない代物である。こりゃぁすごい!!
 しかも上の駅舎が見えない。いったいどんな構造になっているんだ?とおもったらトンネルの向こう側でいきなり勾配が緩和されておりそのまま駅が設置されていた。なんかもうすごいケーブルカーだったよ・・・。
 10分ほどぶらぶらして次の列車で引き返す。出発前に車掌さんが「急角度になってますから気をつけてくださいね」といわれる。言われなくともめいっぱい踏ん張っておきますよ(笑)。
 再び京王線に乗って高尾駅まで引き返す。ここからはJRで大月へ向かうことになる。
 改札を出ようとするとJRへの連絡改札がある。そこから出られるかと思いきや連絡切符を持っている人の専用になっているようだ。仕方がないので普通に出場し、改めて友人改札へ行く。
 今日はじめての18きっぷ使用のため日付を入れてもらおうと切符を差し出した瞬間駅員さんの胸のネームプレートに「京王」と書いてある事に気がつく。あっ、しまった。と思ったがなんとそのまま日付のはんこを入れてくれたのだ。どうやらJRの業務もある程度兼任しているようだ。
 いやはや私鉄職員に18きっぷの日付を入れてもらうなんて初めての経験だよ(笑)。

 小淵沢行の普通列車に乗り込み大月へ向かう。眠たくて仕方がないのでうつらうつらする。それでも無事に大月で下車する。
 ここから河口湖への富士急行が本日最後の乗り潰し路線となる。店じまいが早いが京都まで普通で帰ろうとするとこんな感じにはなる。

 ちょうどJRから乗り入れで河口湖へ向かうホリデー快速の到着を告げるアナウンスがながれている。この車両は189系が充当されており乗りドク列車ではあるのだがここの元京王5000系の1000系車両に乗るのが目的の一つであるのでこいつは無視する。
 富士急行の改札に行って河口湖までの切符を購入する。1110円也。距離はあるがやっぱり高い。で、ついでに1000系Bトレ1個も購入しておく。すでに持っているのだが元者の関係でこいつにもバリエーションが多数存在するためもう一つくらいあっても困りはしない。
 駅員さんと話をしているとちょうど列車が入ってくる。こいつが9時59分発の列車になるということだ。

 時間が少しあるのでそのあたりを見て回ってきてからホームへ入る。

Dsc08181b

▲1207F 塗装の状態がかなり悪い・・・。

 編成は1207F、分散クーラー、クロスシート、そして珍しいシングルアームパンタグラフ装備型の車両だ。作成済みのBトレの1編成はこれをモデルにしている。これが出てくるとはラッキーだ。いろいろなアングルから撮影しておく。

 車内にドアを開けて乗り込むと(ドアは半自動化されている)・・・暑い!空気が乾ききっている。これは暖房が効きすぎですっ!冬の12月に列車の窓を開ける事になろうとは・・・。

 出発前に富士急行の誇る「フジサン特急」が入線してくる。元をただせば国鉄の「パノラマエクスプレス・アルプス」である。JRでお役御免になったものを購入、改修して使用している。もともと6両編成だったのを3連×2の構成に分離して2本にして使用している。

Dsc08204b

▲2000系「フジサン特急」 何もこんなイラスト書かんでも・・・。ちなみに一つ一つ名前が決まっている(笑)

 車体には妙な?富士山の擬人化したイラストがいたるところに書き込まれている。その数実に101という。101匹わんちゃん大行進あたりをイメージしてほしいのだろうが私には「フジサン百鬼夜行」にしか見えないのだが。
 見ると結構な数のお客さんが降りてくる。日曜日だけあって利用者は多いようだ。

 運転手さんがやってきたので運転室の扉を叩いて暖房のパワーを落としてもらうようにお願いする。このままでは暑くてノビてしまう(笑)。

 9時59分に定刻大月を出発。直後に一駅目の上大月(かみおおつき)を通過するが以降は各駅停車となる。
 禾生(かせい)、東桂(ひがしかつら)、三つ峠(みつとうげ)と頻繁に交換しながら進んでいく。歩みは随分のんびりしている。車窓からは富士山が見え隠れしている。
 富士吉田でスイッチバックして進行方向が逆になり富士急ハイランドを通り終点、河口湖駅に到着。留置線には先行していた189系が止まっている。
 河口湖駅は改修中で仮駅舎にて営業中である。

 さてここからはバスで御殿場に抜ける事にしている。ここは鉄道にこだわらない方が賢い。御殿場までわずか75分である。
 やってきたバスは意外にも普通の路線バスだった。乗客は私一人のみ。延々と次のバス停を告げるアナウンスが流れ続ける。
 忍野を通り、山中湖の横をかすめて篭坂峠を越える。
 唐突に視界が開け車窓に富士の裾野の大パノラマが広がる。私は息を呑んだ。

 ----- 
 
 はい、ここまででおしまいです。後は蛇足になるのでカットということで。
 意外とブログ形式の方が楽だという事がわかりました。従来であればテキストを打つ→HTMLタグをつけるだったのが後半が、まるまる省略できますからね。もちろんオリジナルのテキストは別にあるのであとでHTML化すれば本サイトでも使用できるわけですしね。
 ということで年末の旅行もブログ利用で更新する事にします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

【鉄旅】ガラガラ地獄

 【鉄旅】青い電車 の続き。

-----

 ようやく到着した。ここが今回の事実上の目的地だ。

 ホームから見下ろすと左手に多摩動物公園が、右手に京王線の多摩動物公園駅が見える。
 目的はその中間に存在する「京王れーるランド」だっ。
 京王はBトレはかなり熱心であるのは結構だが困った事に通販をしてくれないので手に入れようと思うと一般販売のものかオークションに頼るしかないのだが。
 先日京王5000系の非冷房車を購入したところ・・・ハマッた。この車両、やたらめったらバリエーションが多い。編成両数とクーラーのパターンやら何や完や考えるとどう考えても9箱も要る(笑)。こんな数オークションで手に入れていたらいくらかかるかわからない。
 で、どうせ未乗の京王線の乗りつぶしとかねてきてしまえ、となった次第である。
 さらにどうせならということで6000系の旧塗装車も相方として必要だろう。

 建物に入ると大きなレイアウトが目に付く。お子様方がたむろっている。
 
 ・・・あったあった。一角にグッズコーナーがありBトレも一通り販売されている。
 「すいませーん、5000系冷房車9箱と6000系旧色4箱くださーい♪」
 目の前にBトレの山が出来上がる(笑)。
 こんな数注文したら何か言われるかなと思いきや多数購入する人間は多いのかなにもいわれなかった。
 13000円(笑)払って受け取って立ち去ろうとすると。

 「横へ回ってください」といわれる。
 は?何か問題でも。

 「これ13回回してください」
 ・・・・・!?

 そこに鎮座しているのはいわゆる「ガラガラ」だった。
 あの回したら色付の玉が出てくるという福引ご用達のアレだ。

  ( ゚д゚) ポカーン

 な、なんかもらえるようだが。
 余計なものをもらっても持って帰るすべがない!のだ。
 Bトレそのものは実は13個持ち帰れるような箱を平面化して背中に入れてある。組み立てるためのガムテープまで実は持ってきてある(笑)。
 景品の一覧を見てみると結構大きなものが多いようだ。
 や、やばい・・・。

 ええいままよ。とりあえず回してしまえ!幻想水滸伝で鍛えた腕(間違い)を見せてやるぜぃ!!

 とはいえさすがに13回もやるのだからあまり回しても意味がないので1回転で落ちるように調整、ひたすら落として行く。

 な、なんか、色付の玉がいっぱい落ちてるんですが~。なんか黒とか赤とか青とかいっぱい~☆

 職員さんが景品を積み上げていく(いや本当に山と化している!)

 内訳:
 非売品5000系パスネットカード(¥1000*2)
 けい太くんクッション(¥1900*2)
 ぷるぷるけい太くん(¥420*1)
 京王線8000系ぬいぐるみ(¥1050*2)
 井の頭線1000系ジグソーパズル(¥1050*1)
 そのた何か(ルーペ?*5)

 参照:
 ttp://www.keio.co.jp/traffic/train/goods/index.html

 以上9370円相当(笑)。

 購入金額の72%景品でバックされてますよっ!!
 京王さん気前よすぎですっ!!

 パスネットカードは素直に嬉しい。ネコヒゲ時代の5000系の写真をあしらったナイスデザインだ。
 ・・・・あぁぁぁ、あとの品物、どうしよう・・・・。
 
 一瞬まわりのお子様方に配布しようかとも考えたが見かねた職員さんがでっかい段ボール箱を用意していただきとりあえずその中にまずパッケージングしたBトレの箱をいれてほかの景品を入れてみる。・・・ををを、ジャスト入ってるし。

 とりあえず近くにコンビニがある事は調べがついている。お礼を言ってバカみたいにでかい段ボール箱を抱えて歩く。

Dsc07944b

▲この写真で大きさは察せ(笑)

 なんかこうごっつういたたまれない気分(笑)。

 コンビニで自宅宛に送りつける。宅配料金1580円也・・・、ぐぁぁごっつい予算オーバー・・・。

 再び多摩モノレールに乗り込む。京王線側は明日早朝の予定である。
 多摩動物公園から北側は一気に視界が開ける。
 高幡不動で京王線を跨ぐ。さらに落ちてきた夕陽の光がが目に痛い。
 JRの立川駅も跨いでいるのだが南北で「立川南」と「立川北」の2つに別れているがこれはなかなかの英断だと思う。
 
 高松で運転手交代。車庫への引込み線も見える。
 さらに玉川上水で西武拝島線を跨ぎ終点上北台へ。

 総評:特に何もなし(笑)。

 まだ北に伸ばす気なのかなぁ。
 ここで玉川上水へ引き返し西武拝島線へ。

 まずは小平へ向かってUターンして拝島へ。拝島到着寸前についに日が落ちる。
 ほとんど景色は見えていたけれどほかの西武路線同様印象に薄い。

 拝島からは八高線で八王子へ。ここで夕食をどうするか悩んだが松屋へ吸い込まれる。アンタ毎日松屋の食事してるんちゃうのかっ!!

 多分重度の松屋中毒症です(笑)。

 そして横浜線で橋本へ。予約してあったビジネスホテルへ投宿。

-----

 とりあえず本日はここまで2日目は即座のアップは無理です、勘弁してください(涙)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

【鉄旅】青い電車

 先程の 【鉄旅】カメイド☆スター のつづき。

-----

 今度は京急の羽田空港駅へ移動。思っていたほど距離はなかった。
 ホームに下りると成田行の特快がホーム上に停車中。ってこの京成3500系もしかしてさっき大門まで乗ってきた編成やんか。
 列車はトンネルを抜け地上に上がり蒲田へ向かって走っていく。
 空港線内はノンストップで駆け抜けていくが急にスピードダウン、何か工事でもやっているらしい。いやに急な右カーブが見えている。
 カーブを曲がると・・・!!!カーブの先はもうホームへ直接突っ込んでいる形になっている。な、な、なんちゅう無茶なカーブだ!!
 びっくりしたわぁ・・・。
 ここで下車、未乗区間の杉田以南を目指す。降りた隣のホームには三崎口行の特快が停車中・・・なのだが1500形では面白くない(笑)ので次を待つ。
 次にやってきたのは・・・待望の2100形!しかもトップナンバーの2101F。
 以前乗ったときにはラッシュアワーで何がなんだかわからなかったので今日はじっくり行きたい。ラッキーな事に先頭が一席空いている。
 「らーしど、しど、しどれみふぁそらしー~♪ぶいーーーーん」
 な、なんか演奏、ヘタ?か、この運転手(笑)。
 さすが関東一の爆走列車、京急特快である。スピードでは常磐線快速やTXに負けているが無茶な飛ばしっぷりでは間違いなく今でも一番だろう。横浜まですきあらばマスコンを叩き込み120キロの走りを披露してくれる。
 わははは~、じぇっとこーすたーみたいだぁ~☆
 は、いかん、つい童心に帰ってしまった。
 いつも130キロでぶっ飛ばす新快速で慣れてはいるがここはまた違うスリルがたまらない。

 横浜以南は乗客も徐々に減ってくる。堀ノ内で下車、浦賀行に乗り換える。車両は新1000形1401F、フルカラーLEDにシングルアームパンタを1両に一つずつ装備、確か後何かのテスト車両だったような気がする。
 浦賀まではわずか5分ほどで到着。浦賀でもすぐに折り返す。
 堀ノ内から再び快特に乗って終点・三崎口を目指す。もっとも特快といえど堀ノ内からは各停だが。
 乗り込んだ列車は天井に液晶テレビを装備した「トレビジョン」試験車両。京急の広告やNHKの地上デジタル放送などが流されている。音声は法令の関係上直接流せないそうなので手持ちのラジオで拾ってくれ・・・ってそんなもん都合よくもっている人間なんかめったにいるかYo!
 京急久里浜で運転手が交代する。交代しきらないうちにドアが閉められているのはどうかと思うのですが・・・。
 どんどん丘陵地にある住宅が減ってくる。そして終点三崎口に到着。駅前に出ると油壺など各方面へのバスターミナルに長蛇の列ができている。
 泉岳寺行の特快に乗り込み京急久里浜で下車する。対向側に列車がやってく・・・、って2100形・ブルースカイトレイン・レインボー(2157F)だっ!!!!さっきトンネル内で行き違ったので撮影はあきらめていたのに!
 当然全速ダッシュで撮影撮影!!!!やたーっ!!!

Dsc07876b

 ここでマクドで軽く食事してJRの久里浜駅へ。かつてJR完乗のためにこの駅に来たときには折り返し2分で去っていったために駅舎すら見ていないのだ。ちょっと古風だがなかなかいい感じの駅舎である。
 駅に近づいた時にちょうど一本列車が出発して行く。まぁいいや、すでにこの時点でも予定より40分以上早く動いている。
 扉は開け放たれているが吹き込む風は歩いて回ってきた身体にちょうどいいくらいである。15分ほどぽーっとする。
 ようやく出発するもうつらうつらとして気がついたら大船、あわてて降りる。次に東海道本線で一駅移動、藤沢へ。

 ここからどんどん北上して行く。まずは未乗の小田急多摩線を目指す。
 小田急ホームには快速急行・新宿行が停車中。特急を除くと最速達タイプの列車である。これなら相模大野で乗り換える必要もないし新百合ヶ丘にも停車する。
 列車はまず相模大野を目指す。湘南台・大和・中央林間と他私鉄との連絡駅にのみ停車して行く。しかしこの江ノ島線・すごく線路が直線的である。出来上がった住宅地に線路を通したのではなく先に線路を通したからこそできる芸当だろう。
 どんどん乗客が増えていき、相模大野からはほぼ満員の状態になる。
 新百合ヶ丘で下車、各停唐木田行に乗り換える。車両はあの安物・3000系である。
 多摩線自体新しい路線でもありどの駅も新しい。いかにもニュータウンという風景の中を走り途中から京王相模原線と併走して小田急多摩センター駅へ。そしてもう少し走って終点唐木田駅に到着。延伸計画があってここで止まっているのかそれとも多摩センター周辺に車庫スペースを確保するのが難しかったためかわからないが割りと中途半端なところに駅がある。事実多摩センターで乗客はほとんど降りてしまった。
 一本見送って次の列車で引き返す。今度は1000系の4両編成を2つ繋げた8両編成。もともと10両編成の一部だった編成をつなぎ合わせたようで先頭から「10・9・8・7・10・9・8・7」というように号車番号がダブってシールが貼られている状態となっている。ややこしい。
 一駅引き返し小田急多摩センター駅で下車。

 駅を出て今度は「多摩モノレール」多摩センター駅へ。駅をちょっと南に下がったところにある。
 近代的なホームにはホームゲート装備で撮影しにくいったらありゃしない。
 やってきた車両はクロスシートの4両編成。角ばった前面のデザインが印象的である。
 tko,mさんから「天気がよければ左側に富士山が見えるかも」という話を聞いていたので左側に座る。

 ゆっくりとスタート・・・ゆっくり?ゆっくり?・・・んー、全然加速しないんですけど!?
 お、遅すぎる!!

 な、なるほど。多摩モノレールが「遅い・高い」といわれる理由はよくわかった。こりゃ遅すぎる。確かにアップダウンが結構激しいのだが同じような条件の大阪モノレールなんてもっと飛ばしているんだがなぁ。
 車窓に目を凝らす。低くなってきた太陽の光が眩しくてよくわからない。遠くにひときわ高い山が見えたがあれが富士山だったのだろうか。

 どっかで見たような椎応大・・・違う違う、中央大学の校舎も見えてくる。
 そして多摩動物公園で下車する。

-----

 つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【鉄旅】カメイド☆スター

 旅に出ております。現在橋本市内のホテルよりお送りしてます。とりあえずまず第1弾。書きあがり次第順次アップしていきます。ただし誤字脱字等のチェックを一切してません(笑)。

-----

 「みなさん、おはようございます。本日は12月10日土曜日です。本列車は定刻どおり運行しております。まもなく横浜に停車いたします・・・。」
 アナウンスで目が覚める。寝不足の目をこすって起きだす。豊橋まで今日のムーンライトながらは無事に走っている。起きた途端に隣席の乗客がすぱすぱとタバコを吸いだす。喫煙席しかとれなかったためいた仕方ないのだがげっそりする。全列車から喫煙車が消え去る日はいつの事なのやら・・・。
 定刻4時42分東京駅に到着。山手線・京浜東北線ホームへ移動。タッチの差で先着した京浜東北線の209系に乗り込む。こんな時間帯だというのに座席は開いていない。最も乗り込んだのが6ドア車だったのが悪かったのだが。
 秋葉原到着。このまま急いでいっても最初の目的路線・東武亀戸線の始発まで若干時間があるのですこし秋葉原の街を歩いてみる。
 5~6年前にはPCのパーツ目当てで結構来ていたのだが最近では大阪まで行かずとも京都でも十分何とかなるようになったので久しく秋葉原の街を歩いていない。昨今「電車男」やらのブーム?のおかげですっかり観光地化しているとか言う話もよく聞く。人々のオタクを見る目が変わったんだなぁ…、「忌むべき社会の敵」から「珍獣」ぐらいにはグレードアップしたようである(笑)。
 総武緩行線に乗って亀戸駅へ。ホームの下に東武8000系が見えている。どうやらあれがホームらしい。
 とりあえず5000円分のパスネットかーどを買い込む。これでも今日1日分賄いきれない!のだが。
 留置されている8000系の2両編成がいるがどうやらこれではないようだ。出発時間の寸前にHIDの眩しい光を煌かせながら同じく8000系の2両編成がホームに滑り込んでくる。
 乗客は意外なほど多い。運転台後ろに張り付く。そこには「乗務員室立入り禁止」と大きなステッカーが貼ってある。知っている限り以前から貼ってあるのだが運転手自身がこれを守らなかったばっかりに懲戒免職になるという事件が発生したのは記憶に新しいところである。
 列車はまだ暗い中曳船に向かい走り出す。見える限り下町の住宅街の中を複線の線路が伸びて行く。
 亀戸水神・東あずま・小村井と停車、線路が単線になり高架線を登り曳船駅の一角に到着。まずこれで1線制覇。次は京成本線の京成上野へ。
 浅草行は30000系の4両編成。10連運用というイメージがあったのでこんな使い方をされているとは思っていなかった。
 相変わらず無茶なカーブをフランジを軋ませながら浅草駅に進入、1番ホームへ到着。そしてメトロ銀座線で上野へ向かい、結構長い通路を歩き京成上野駅に到着。ホームに下りるとちょうど成田行の普通が発車するところだったので飛び乗る。
 地下線にもかかわらずわかるくらいの大きなカーブを抜けて地上へ。日暮里を通り青砥方面へ。アップダウンとカーブが多い路線である。高架と地上という違いはあるが京阪本線とイメージがダブる。
 青砥駅は2階建て構造になっていて京成上野からの路線と押上からの路線がここで合流しているのでややこしい構造になっている。
 高砂で下車する。予定では金町線を往復してから北総鉄道線に向かう予定だったが北総鉄道の印旛日本医大行が先行してやってくるようなのでそちらに乗車することにする。
 車両は直通乗り入れしてきている東京都交通局の5300系。出発して京成本線と別れ高架線に入って行く。いかにも新興住宅地といった風景のなか直線的な線路がまっすぐ貫いている。つくばエクスプレスの沿線も10年後くらいにはこんな感じになるのだろうか。
 アップダウンを防ぐためなのか高架線から直接トンネルに入ったりする。駅部分だけ地下になっているところが結構多い。
 しかしこの車両、この編成のみの問題なのか全体の問題なのかわからないがインバータの起動音がめちゃくちゃノイジー。正直耳につくというかかなり不快な音である。なんだこれは。
 条件がいい割には100キロ程度と意外に飛ばさない列車。それでもおおよそ30分で終着・印旛日本医大(いんばにほんいだい)駅に到着。ホームからまだ少し線路は伸びているが車止めも見えている。だがこの先成田方面へ抜け成田空港へ直結させるという計画があるのだ。その計画が実現した折には成田空港までの所要時間は大幅に短縮されるという話である。保安装置と車両の問題だとは思うが直線区間で150キロくらい出せれば上野~成田空港間で40分前後で到達も夢ではないのだないだろうか?
 改札にパスネットカードを突っ込むと一気に1000円以上しょっ引かれる。全線820円は高いYo!
 再び同じ列車に乗り込み高砂駅へ戻る。10分ほど待ち金町へ向かう。たった二駅の路線だが乗客は多い。かの柴又を抜けてから線路は単線になり団地の真ん中を列車がとことこと走っていく。あるいみNゲージ的かもしれない。そして常磐線金町駅の手前にちょこんと1面1線の金町駅があった。ホーム上には溢れんばかりの人が待っている。
 時間もないのでUターンして再び金町駅へ戻り都営浅草線乗り入れの羽田空港行に乗車、大門駅で下車する。
 地上に上り東京モノレールの浜松町駅へ。やってきた列車に乗り込む。
 港湾地帯のなかをのんびりと走っていく。新幹線と立体交差する。700系が全速で走り去って行く。
 天空橋という駅があるのでどんな橋が見えるのだろうなどと思っていると…、地下駅だった(涙)。かつての終着駅、羽田空港第1ビル駅を通りぐるっと180度まわって現在の終着駅、羽田空港第2ビル駅に到着する。この間延々と地下を走り続けているモノレール。なんかヘンだ…。

-----

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

【雑談】リンクしてみた

 【mixi側から読んでいる人は適当に読み飛ばしちゃってくださいね(笑)】

 今日からテスト公開という形でHP側から繋げてみました。

 とりあえず(いろいろな意味で)ヘンな事にならないかしばらく様子を見たいと思います。気軽にコメントを入れちゃってください。100%レスをつける事は保証いたしかねますが(笑)。

 -----

 とりあえず今日は仕事から帰ったら即東京に向かって出発です。

 うーん、夜行列車に乗るのも半年ぶり、今の仕事についてからは初ですね。乗り慣れてきた感のあるMLながらですが楽しみです。

 気が向きましたら10日夜にはこちらから途中経過の報告を入れたいと思ってますがさてどうなるやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

【Bトレ】予想外の新製品

 JR東海313系(12月23日予定・日車夢工房限定)
 JR東海313系セントラルライナー(12月23日予定・日車夢工房限定)
 愛知環状鉄道2000系(12月23日予定・日車夢工房限定)
 (ファンページより)

 へぇ!という感じですね。

 日車夢工房ブランドでキハ58+65「快速みえ」をこの夏にも販売した実績がありJR東海車を作ってくるというのはわからなくもないものの新規車両を作ってくるとは予想外の力の入れ様である。

 日本車両め、さては前回ので味を占めたな(笑)。

 -----

 とりあえず現時点で詳細な仕様の情報が全くないのだが適当に予測してみよう。

 313系標準色:先頭+中間(1050円)

 313系セントラルライナー:先頭+中間+先頭(1575円)

 愛知環状2000系:先頭+先頭(1050円)

 まぁセントラルライナーの3両セットは絶対にありえない(笑)。というか中間車があるかどうかすら怪しいのだが・・・。先頭車の金型を作った時点で力尽きている可能性は大いにある。しかし2両ではサマにならないことはなはだしいわけで・・・。

 とりあえず全タイプ先頭+先頭だった場合は各2箱ずつ、中間車の設定があった場合は313系は各4つずつはいるよねぇ・・・。

 いったいどうなる事やらわからないがとりあえず続報を待つしかないようだ。

 一つだけ間違いな事は12月23日に名古屋に行かないといけないということだ(笑)。

 「快速みえ」の時は通販を頼んだら2週間以上も待たされたので自力で確保だ。

 ラッキーな事に販売される日車夢工房は栄にあり、そばの栄町から出発する名鉄瀬戸線は未乗線であるということだ。瀬戸市へ向かいさらに愛知環状も未乗区間があるのでこれも全線走破、ついでに豊橋鉄道渥美線も乗り潰してこよう。

 これがセルフクリスマスプレゼントになりそうです。自分に御褒美なのですよ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年12月 7日 (水)

【雑談】恐怖の社長面談

 今日はボーナス支給に先立つ社長面談があったりしたわけで。

 いったい何言われるやらとひやひやしながら行ったわけですがまぁ「ほぼ平均的な評価をしてるから」ということらしい。とりあえずお叱りを受ける事はなくさしあたって危機は乗り越えたようです(笑)。

 予想外だったのだけれどうれしかったのがようやく見習い格の「営業補助」から「営業」へなるとのお達しでちゃんと担当地域を持たせてもらえる事に。

 ちょっとまぁいろいろあって同期に先を越されていたのでこれでやっとひとり立ちできる!これで思い通り、とはもちろん行かないけれどある程度仕事の裁量権がもてるわけでございまして。

 これでようやく会社に居場所をもらえたような気がします。

 ----

 面談の最後に社長から「何か言っておきたい事はある?」といわれましたので一つだけお願いしました。

 「す、すいません・・・赤と黒のマジックを支給していただきたいのですが・・・」

 社長と常務は二人ともコケてました。

 いやね、これが支給品の中になくていちいち人の所に借りに行っていたものでもうめんどくさくて仕方がなかったんですよ。

 あっさり交渉成立しました(笑)。

 ----

 で、ボーナスも思っていたよりかはもらえました(^^;

 少なくとも安心して旅行にいけそうです(笑)。

| | コメント (0)

2005年12月 6日 (火)

【トラ】ハッピーバースデー!

 今日、12月6日はわが敬愛する矢野様の誕生日なのですよ。

 ハッピーバースデー、矢野様。来シーズンも頑張ってくださいね~

| | コメント (0)

2005年12月 5日 (月)

【雑談】特急こがらし1号

 うー、寒い寒い。近畿地方では例年より遅いものの木枯らしが吹いたそうで。

 ニュースで「こがらし1号が吹きました」などといわれるとやっぱり下り列車なんだろうなぁ等と考える私はアホです。

 -----

 京都市内で「赤い青春18きっぷ」が売っている事が判明。まさかそんな近距離で売っているとは・・・。買いに行こうと思ったけれど雨が降っているので断念。明日いけそうなら行ってみるとする。

| | コメント (0)

2005年12月 3日 (土)

【鉄コレ】はじめてのお・と・な・が・い

 財力に物を言わせて何かのコレクションを揃えるために箱ごとかって行く行為を「大人買い」というのですが(笑)。

 やってしまった、ついに。といってもフルセット3000円強だからきょうびの子供でもその気になれば買える程度だけれど。

Tetukore001_1  

 その名はトミーテック社販売の「鉄道コレクション」。

 どっちかといえば昔懐かしい地方私鉄の単行でゴトゴト走るような電車やら凸型の電気機関車などのディスプレイモデルのセット。

 もちろんパーツを交換すればNゲージ化して線路の上を走らせることも出来るわけですが。

 で、開封してみる。

Tetukore002_1  

 ・・・・!

 1個300円程度としてはものすごく出来がいいのでは?

 とりあえずシークレットをのぞく10種類がコンプリート。箱買いした甲斐があるってもんですよ。

 ただね。ちょっと1両だけライトがお辞儀しちゃっているのが残念。これは後日通報!

 ---

 ちょっと細かい話。

 とりあえずお世辞にも出来がいいとはいえない一体成型のパンタグラフが付いていてトミーから純正の交換用パンタが別売されているのですが・・・。

 よほどこだわるのでなければ純正品はいらんのでは?

 とりあえず穴は3種類、トミー仕様2種とカトー/GM仕様の3種類の穴が開いてます。

 とりあえずカトーのPS16Aを装着させてみたのですがコレだけで見た目が全然変わってきますね。で碍子の下に4つ穴が開いている部分ですが多分トミーのシングルアームパンタPS33Bなどが嵌められる穴だと思われます(笑)。一度試してみます。

 モーターユニットはまだ買ってませんが一応探してみます。見つけるのは大変だとは思いますけど。

 まぁこんなんがこの値段で手に入るとはいい時代なんだと思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月 1日 (木)

【雑談】たまにはクリーニングを

#mixiのプロフィールトップへの反映があまりに遅いのでちょっと早めに書いてみました。

 ついに12月になりめっきり寒くなってきた今日この頃。

 あまりに効かないエアコンに頭にきてフィルタークリーニングを敢行。フィルター一面に埃が付着しまくりである。掃除機で吸い取り洗面台で洗うとあら不思議、今までとは別物の様に狂ったように温風を吹きまくるエアコン(笑)。

 やはり家電製品にもこまめなメンテナンスは必要ですね。

 -----

 今日手元に「鉄道おもちゃ」誌が届いたので見てみる(当然タダである)。

 うわははは、本当に自分で撮った写真が載っているよ!ちなみにP15左下ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »