« 【鉄旅】カメイド☆スター | トップページ | 【鉄旅】ガラガラ地獄 »

2005年12月10日 (土)

【鉄旅】青い電車

 先程の 【鉄旅】カメイド☆スター のつづき。

-----

 今度は京急の羽田空港駅へ移動。思っていたほど距離はなかった。
 ホームに下りると成田行の特快がホーム上に停車中。ってこの京成3500系もしかしてさっき大門まで乗ってきた編成やんか。
 列車はトンネルを抜け地上に上がり蒲田へ向かって走っていく。
 空港線内はノンストップで駆け抜けていくが急にスピードダウン、何か工事でもやっているらしい。いやに急な右カーブが見えている。
 カーブを曲がると・・・!!!カーブの先はもうホームへ直接突っ込んでいる形になっている。な、な、なんちゅう無茶なカーブだ!!
 びっくりしたわぁ・・・。
 ここで下車、未乗区間の杉田以南を目指す。降りた隣のホームには三崎口行の特快が停車中・・・なのだが1500形では面白くない(笑)ので次を待つ。
 次にやってきたのは・・・待望の2100形!しかもトップナンバーの2101F。
 以前乗ったときにはラッシュアワーで何がなんだかわからなかったので今日はじっくり行きたい。ラッキーな事に先頭が一席空いている。
 「らーしど、しど、しどれみふぁそらしー~♪ぶいーーーーん」
 な、なんか演奏、ヘタ?か、この運転手(笑)。
 さすが関東一の爆走列車、京急特快である。スピードでは常磐線快速やTXに負けているが無茶な飛ばしっぷりでは間違いなく今でも一番だろう。横浜まですきあらばマスコンを叩き込み120キロの走りを披露してくれる。
 わははは~、じぇっとこーすたーみたいだぁ~☆
 は、いかん、つい童心に帰ってしまった。
 いつも130キロでぶっ飛ばす新快速で慣れてはいるがここはまた違うスリルがたまらない。

 横浜以南は乗客も徐々に減ってくる。堀ノ内で下車、浦賀行に乗り換える。車両は新1000形1401F、フルカラーLEDにシングルアームパンタを1両に一つずつ装備、確か後何かのテスト車両だったような気がする。
 浦賀まではわずか5分ほどで到着。浦賀でもすぐに折り返す。
 堀ノ内から再び快特に乗って終点・三崎口を目指す。もっとも特快といえど堀ノ内からは各停だが。
 乗り込んだ列車は天井に液晶テレビを装備した「トレビジョン」試験車両。京急の広告やNHKの地上デジタル放送などが流されている。音声は法令の関係上直接流せないそうなので手持ちのラジオで拾ってくれ・・・ってそんなもん都合よくもっている人間なんかめったにいるかYo!
 京急久里浜で運転手が交代する。交代しきらないうちにドアが閉められているのはどうかと思うのですが・・・。
 どんどん丘陵地にある住宅が減ってくる。そして終点三崎口に到着。駅前に出ると油壺など各方面へのバスターミナルに長蛇の列ができている。
 泉岳寺行の特快に乗り込み京急久里浜で下車する。対向側に列車がやってく・・・、って2100形・ブルースカイトレイン・レインボー(2157F)だっ!!!!さっきトンネル内で行き違ったので撮影はあきらめていたのに!
 当然全速ダッシュで撮影撮影!!!!やたーっ!!!

Dsc07876b

 ここでマクドで軽く食事してJRの久里浜駅へ。かつてJR完乗のためにこの駅に来たときには折り返し2分で去っていったために駅舎すら見ていないのだ。ちょっと古風だがなかなかいい感じの駅舎である。
 駅に近づいた時にちょうど一本列車が出発して行く。まぁいいや、すでにこの時点でも予定より40分以上早く動いている。
 扉は開け放たれているが吹き込む風は歩いて回ってきた身体にちょうどいいくらいである。15分ほどぽーっとする。
 ようやく出発するもうつらうつらとして気がついたら大船、あわてて降りる。次に東海道本線で一駅移動、藤沢へ。

 ここからどんどん北上して行く。まずは未乗の小田急多摩線を目指す。
 小田急ホームには快速急行・新宿行が停車中。特急を除くと最速達タイプの列車である。これなら相模大野で乗り換える必要もないし新百合ヶ丘にも停車する。
 列車はまず相模大野を目指す。湘南台・大和・中央林間と他私鉄との連絡駅にのみ停車して行く。しかしこの江ノ島線・すごく線路が直線的である。出来上がった住宅地に線路を通したのではなく先に線路を通したからこそできる芸当だろう。
 どんどん乗客が増えていき、相模大野からはほぼ満員の状態になる。
 新百合ヶ丘で下車、各停唐木田行に乗り換える。車両はあの安物・3000系である。
 多摩線自体新しい路線でもありどの駅も新しい。いかにもニュータウンという風景の中を走り途中から京王相模原線と併走して小田急多摩センター駅へ。そしてもう少し走って終点唐木田駅に到着。延伸計画があってここで止まっているのかそれとも多摩センター周辺に車庫スペースを確保するのが難しかったためかわからないが割りと中途半端なところに駅がある。事実多摩センターで乗客はほとんど降りてしまった。
 一本見送って次の列車で引き返す。今度は1000系の4両編成を2つ繋げた8両編成。もともと10両編成の一部だった編成をつなぎ合わせたようで先頭から「10・9・8・7・10・9・8・7」というように号車番号がダブってシールが貼られている状態となっている。ややこしい。
 一駅引き返し小田急多摩センター駅で下車。

 駅を出て今度は「多摩モノレール」多摩センター駅へ。駅をちょっと南に下がったところにある。
 近代的なホームにはホームゲート装備で撮影しにくいったらありゃしない。
 やってきた車両はクロスシートの4両編成。角ばった前面のデザインが印象的である。
 tko,mさんから「天気がよければ左側に富士山が見えるかも」という話を聞いていたので左側に座る。

 ゆっくりとスタート・・・ゆっくり?ゆっくり?・・・んー、全然加速しないんですけど!?
 お、遅すぎる!!

 な、なるほど。多摩モノレールが「遅い・高い」といわれる理由はよくわかった。こりゃ遅すぎる。確かにアップダウンが結構激しいのだが同じような条件の大阪モノレールなんてもっと飛ばしているんだがなぁ。
 車窓に目を凝らす。低くなってきた太陽の光が眩しくてよくわからない。遠くにひときわ高い山が見えたがあれが富士山だったのだろうか。

 どっかで見たような椎応大・・・違う違う、中央大学の校舎も見えてくる。
 そして多摩動物公園で下車する。

-----

 つづく。

|

« 【鉄旅】カメイド☆スター | トップページ | 【鉄旅】ガラガラ地獄 »

コメント

地元、京急にいらっしゃいまし!
堪能していただけましたでしょうか!!w
速度は遅いけど横浜の浦賀よりはまさにジェットコースター。これと品川の八ツ山橋と蒲田駅空港線のカーブは京急の楽しみの別の一面です!

私も昨日久々に2100系(Wing)の展望席で眠らずにw展望堪能しましたよ。

あら近所のマック、あマクド(笑)によっていったなら声かけていただければよかったのに。(笑)

投稿: けいそう | 2005年12月13日 (火) 11時50分

>けいそうさん
 京急はたっぷり堪能させていただきました。
 2100形にはちゃんと展望席が用意されているのが心憎いですね。
 蒲田カーブはものすごいですね。ホームの横合いから分岐している線なんか初めて見ました(笑)。

> あら近所のマック、あマクド(笑)によっていったなら声かけていただければよかったのに。(笑)

 そう、絶対に「マクド」です。これだけは譲れません(笑)。そういえばご近所になるんですね。いや、数日前に思いついたプランだったもので・・・。

 そういやブルースカイトレインのレインボー仕様は来年の1月9日までらしいですね。いやはや出会えてラッキーでした。

投稿: ove250 | 2005年12月13日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/82074

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】青い電車:

« 【鉄旅】カメイド☆スター | トップページ | 【鉄旅】ガラガラ地獄 »