« 【鉄旅】九州旅行1日目A・小さな遊園地の物語 | トップページ | 【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く »

2005年12月29日 (木)

【鉄旅】九州旅行1日目B・行き止まりのトンネルの中で

 別府から「特急・九州横断特急3号」で豊肥線立野駅に向かう。スイッチバックをバック運転でそろそろと降りホームへ滑り込む。

 ラクテンチケーブルの次はここ立野から高森まで走る旧国鉄高森線、現南阿蘇鉄道線に乗る。

 今までこの駅には何度か来ているが南阿蘇鉄道の車両もホームも見た事がなく一体どこから乗るのやらと思っていたらJRの駅舎の向こう側にこちら側から隠れるように1面1線のホームがこっそり存在していた。
 しばらく待つと比較的新しいディーゼルカーがやってくる。中を見るとオールロングシートである。いきなりガッカリである。
 出発までに結構な数の乗客が集まりシートはほぼ埋まる。これは意外である。

 出発すると深い谷の上を走っていく。足元を見ると阿蘇外輪山より熊本側へ流れ出る白川の流れが見える。それもしばらくすると終わりぱっと視界が開け阿蘇カルデラ盆地の中を列車は走り出す。豊肥線もそうだがここも「火山の中に人が住んでいるし列車も走っている」のである。
 だだっ広いカルデラ盆地が広がり右手には阿蘇外輪山が連なり、左手には阿蘇五岳がその威容を現している。抜けるような青空に柔らかい光に照らされ何とも不思議な光景である。

0512wv108

 全線で9駅、30分程度とそれほど長くないがここにはアレがある。
 いわゆる一つの「日本一長い駅名の駅」だ。
 それが「南阿蘇水の生まれる里白水高原」駅で一畑電鉄の「ルイス・C・ティファニー庭園美術館前」駅とトップを争っていた・・・のだが結局どうなったのかよくわからない。後者は「ー」を一文字に数えているのでこれは前者に軍配が上がると個人的には思っているのだが。

 そして31分の短い旅で終着の高森駅に到着。困った事に折り返しの列車が1時間強ない・・・のだが行きたいところがあるのでこれはむしろちょうどいい。
 駅前の地図を確認して駅前を右に折れて歩き出す。おおよそ10分で目標地点へ到着。

 その名は「高森湧水トンネル公園」。かつて高森線は阿蘇外輪山を貫き高千穂を通り延岡へ至る一つの路線として計画されていた。高森線は高森まで開業し、延岡側からも高千穂までようやく開業し最後の大仕事の全長6キロの高森峠を貫く高森トンネルを掘削しだしたのだがおおよそ2キロ掘り進んだ時点でとんでもない異常出水に見舞われ(高森町の水道がストップするという事態にまでなったそうだ)、しかも折からの国鉄再建のために建設は凍結されてしまったのだ。
 時は流れ平成の時代になってから高森町がその一部を整備した上で公園として一般公開するに至ったのだ。
 明らかに鉄道トンネルと一目でわかる単線のトンネルポータルが見えている。

0512wv109

 入り口で300円を払って入る。通路の真ん中は水路のようになっており滔々と湧き出した水が流れている。地元の企業や幼稚園などが飾り付けしたクリスマスツリーが天井から吊るされている。なかなかシュールな光景ではある。
 鉄道トンネルということで列車に乗っているような気分になってくる。

0512wv110

 550m地点で壁は塞がれておりやはり壁面から水が流出している。まだこの先に1500m程トンネルは残っているそうなのでこの壁自体はダミーだとは思う。
 だがさながら人間には超えられない嘆きの壁のようにも見える。

 壁を前に夢想してみる。もしこのトンネルが予定通り開通していたら、と。
 延岡まで路線が全通していれば単線ではあるものの熊本から宮崎への準幹線としてそこそこの列車は走っていただろう。あるいは特急の一本くらい走っていたかもしれない。
 南阿蘇鉄道も高千穂鉄道も第3セクターの路線ではなくJR九州の路線として存在していただろう。

 そして先日の台風の被害など食らっても絶対に廃止になどされなかっただろう、と。

 歴史にifなどありえないし、過ぎ去った事を悔やんでも意味がない。だがそれでもやはり思ってしまうのだ。このトンネルが全通していたら、と。

 引き返して外へ出る。すでに傾いた陽光ですら眩しかった。

 再び高森駅から立野へ戻る。今度はセミクロスシート車だった。立野では接続する普通列車を無視して次の特急を待つ。途中で追い抜けるわけでもないし結局遅いのだが肥後大津で乗り換えが必要な上、乗り換えた先はロングシートの817系なのが目に見えている。それなら特急に乗ってゆったり行ったほうが得である。周遊きっぷだから自由席なら乗り放題だしね。

 熊本へは少し遅れて到着。明日の九州新幹線のきっぷだけを買って後にする。駅前から南へ歩き熊本市電の田崎橋電停から乗車。ここから熊本駅前までの二駅が未乗区間。
 やってきたのは低床電車。この手の車両にはあまり乗った事がないが本当に低い。地を這うような感じである。
 そして辛島町で下車してホテルにチェックイン。長い1日目が終わった。

|

« 【鉄旅】九州旅行1日目A・小さな遊園地の物語 | トップページ | 【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く »

コメント

九州旅行、堪能してらっしゃるようで!(^^)
自分も旅行をしているような気分になりますね。
素敵なリポート期待してます!

よい旅を☆

投稿: こまっち | 2005年12月30日 (金) 04時13分

>>こまっちさん
> 九州旅行、堪能してらっしゃるようで!(^^)
> 自分も旅行をしているような気分になりますね。
> 素敵なリポート期待してます!

 そう言っていただけるのが一番励みになります!ありがとうございます。
 力尽きない限りはがんばって毎晩書いていきます。

投稿: ove250 | 2005年12月30日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/181702

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】九州旅行1日目B・行き止まりのトンネルの中で:

« 【鉄旅】九州旅行1日目A・小さな遊園地の物語 | トップページ | 【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く »