« 【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ | トップページ | 【鉄旅】九州旅行3日目B・福岡の すごい 地下鉄 »

2005年12月31日 (土)

【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった

 5時30分起床。外はやはり真っ暗だ。
 長崎駅前6時23分の始発の赤迫行で本日の乗りつぶしを開始する。

0512wvd03_1

0512wvm03b_1

 まずは北上して行く。しばらくは広い道路にセンターポール化された状態が続くが松山町電停のところから左に折れビルの足元を通り抜け専用軌道にはいる。長崎本線の線路の足元を走り交通局前へ。お決まりのパターンだがここに車庫がある。長崎電気軌道は古い車両も持っているが大方が自社製造した車両が中心で他社からの譲渡車などはあまり見当たらない。
 ここを抜けると再び併用軌道になる。終点の赤迫電停は複線が合流した先が停留所になっており縦に2車両は入れるがいっぱいになっているために2両ともが出るまで待機させられる羽目に。昨日の熊本市電の健軍町電停も同じ構造だったがこちらは手前に後者専用ホームを設ける事で対処していたのだが。
 とりあえずここで降りて一本見送って次の3号系統蛍茶屋行が来るのを待つ。ようやく少し空が白んできたがまだまだ寒い。やっときた車両に乗り込むものの車庫から出てきたばかりなのかヒーターが効いておらずめちゃくちゃ寒い。車内でガタガタ震える。
 この車両の運転士は見習いらしく換呼の声やアナウンスの声が大きい。

 長崎駅前まで戻りそこから左に曲がり桜町電停を越えけっこうきつい坂を駆け上がりさらに左に曲がっていく。また山側に曲がるところ左手に諏訪神社という神社がある。初詣で混雑するらしく車内には今晩の延長運転の掲示がなされている。そこから更に坂を駆け上がり終点蛍茶屋(ほたるちゃや)電停に到着。3・4・5系統の終着となる場所で結構頻繁に車両がやってくる。道路を挟んで更に奥にも車両を留置できるようになっている。

0512wv301_1

▲ここまで乗ってきた2002号(蛍茶屋にて)

 ここで正覚寺下電停行の4系統に乗り換える。坂を下り眼鏡橋の横の川を渡り市内中心地・西浜町へ。ここでどっと乗客が降りる。
 そこから左に曲がり思案橋電停を通りまたまた急坂を登り終点正覚寺下電停に到着。なんとここはどぶ川の上の鉄橋とクロスするようにホームが設けてある。雑然とした風景がなんかすごく面白い。

0512wv302_1

▲正覚寺下電停にて

 今度は赤迫へ向かう1系統に乗り換え坂を下り西浜町交差点を左に曲がり築町(つきまち)電停で降りる。5号系統に乗り換え石橋電停へ。港沿いを走り単線になり左折したちょっと先が終点石橋電停。このあたりはグラバー鄭・大浦天主堂の足元になる。5年前に来た時にこのあたりは歩いているのだが全然市電に乗っていないのはなぜだろう?
 さておおずめ、再び5号系統で築町に戻り1号系統に乗り換えて長崎駅前に戻る。築町から少し戻り右に曲がる。ここの通りだけ複線ぎりぎりの幅しかない。これは車にはいるなということか(笑)。出島の横をかすめ大波止通りに出る。昨日宿泊したホテルを右手に見ながら間もなく長崎駅前に到着。おおよそ2時間で完全乗車達成である。

 さて次の目標、松浦鉄道に向かう事にする。長崎駅から快速シーサイドライナーで佐世保に移動する。最初からここは睡眠時間に割り当てると決めていたのでまったく記憶にない。起きていれば景色のきれいな区間ではあるのだが。
 
 佐世保駅に到着。昼を跨ぐので昼食を調達する。レモンステーキ弁当というのがおいしそうだったので狙っていたのだが今日はないという事なので予定変更、かきめしにする。量的に辛そうだったのでコンビニでおにぎりも調達。これだけあれば大丈夫だろう。
 階段を上がり松浦鉄道ホームとなっている。親切にも松浦鉄道は全線直通で乗車するだけで元が取れる全線フリーパスを用意してくれている。ただ平日用と休日用があり休日用のほうが300円安い。どちらになるのかわからなかったので窓口に行って聞いてみると今日は休日扱いだそうだ。これでお得ど大幅アップである(全線通常料金2290円、休日用フリーきっぷ1700円)。
 ホームにはどこからどう見てもキハ120なレールバスが停車している(実際のところ製造はこちらの方が早い)。

0512wv303_1

▲MR-120形ディーゼルカー

 乗ろうとするとさっきの窓口の人が次の列車はJRの2番ホームからですよ、といわれる。先行する佐々行の普通列車があるのでそれの事だろうが伊万里に直行するのでこれでいいんでですと言っておく。
 ずいぶんと長い待ち時間の後に佐世保を定刻出発。

 高架を走りトンネルを抜けると佐世保中央駅に到着。ここと次の中佐世保駅の間は非常に駅間距離が短く「乗り遅れても大丈夫」なんてテレビでも紹介されたのを見た事がある。実際に計っててみると駅間所要時間わずか40秒。さすがに佐世保中央で乗り捨て→中佐世保で乗車、というのは無謀そうである。誰かやってみる?

 松浦鉄道は第3セクター化した時に非常に多くの駅を増設した事で有名なのだが確かに駅間距離が非常に短い。これに巧みな増発で乗客も以前に比べると増えたという。
 意外といえば意外だが佐世保を抜けたらすぐローカル路線になるのかと思いきや非常に住宅地が続く。都市近郊路線といった方が適切かもしれない。実際に乗客はかなり多いし短距離客も多い。
また運転本数が多い事から交換も頻繁に起こる。おまけに松浦鉄道は全線距離が長い関係で車両数も多くバリエーションも意外なほど多い。

 ただこういった状況も佐々(さざ)まででここから先は運転感覚も1時間に1本(それでもこの手の鉄道氏としては非常に多いのだが)になる。乗客も少しずつ減ってくる。
 車窓風景は前述のように山間の都市近郊路線という雰囲気なので特に見るべきものもないような状況である。ずいぶん進んでようやく少し入り江を通して海が見えてくる程度である。

 この辺でお食事タイムとしておく。おにぎりを先に平らげてからいよいよメインディッシュ?のかきめしをオープン。
 からし高菜をまぜこんだご飯をベースに牡蠣が上に載せてある。けっこう濃い目の味付けなのだがこれがまたおいしい!ほんと、量の問題だけだな・・・。

0512wv304_1

 そして最西端の駅、たびら平戸口駅に到着。ここでは交換のために8分ほど停車するということなのでホームに降りる。かつて国鉄松浦線だった時代に佐世保からここまでは乗った事がある(らしい・両親談)。両親に手を引かれて改札を出た記憶だけがおぼろげながら残っている。まぁもう25年も前の事だが・・・。

0512wv305

 ホームに「平戸海上ホテル」の看板が見える。あぁ、そうそう、泊まったのはあそこだったなぁ。当時はお風呂で女の子と間違えられるくらい可愛い男の子だったんだが(実話)。
 せっかくだから駅舎に行って記念の入場券を買っておく。これで後は沖縄のゆいレールの赤嶺駅に行けば全鉄道で東西南北完全制覇になる。

 長い待ち時間の末再び出発。この駅を出ると風景ががらっと変わる。線路は大きく右にカーブし南西方向に進路をとる。家が少なくなり海が広く見えてくる。やっとローカル線らしくなってきたなぁ。松浦駅あたりからは再び住宅がなどが増えてくる。そして伊万里へ。以前JRで訪れているが町の西からと東からだとずいぶん印象が異なるものである。有田行の線路と合流して伊万里駅に到着。ここでこの列車は終着となり有田行に乗り換えとなる。ここから先は運転系統が別となっており直通する列車は設定されていないようだ。
 伊万里から有田の間もなんとも中途半端な景色が続く。途中の蔵宿駅はずいぶんと古い駅舎がそのままになっておりなかなかいい雰囲気だったのは印象に残ったくらいである。
 
 有田から博多行のみどり号に乗り換え。今日も混雑はかなりのものでどうにか席を確保したが肥前山口からは立席も発生していた。この時間を利用してテキストを打ちまくっておく。今日はこれからが結構長い。

|

« 【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ | トップページ | 【鉄旅】九州旅行3日目B・福岡の すごい 地下鉄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/197950

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった:

« 【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ | トップページ | 【鉄旅】九州旅行3日目B・福岡の すごい 地下鉄 »