« 【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く | トップページ | 【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった »

2005年12月30日 (金)

【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ

 新八代で今度はリレーつばめに乗り換え大牟田に向かう。リレーつばめに乗車後昼食タイム。

0512wv203

 さつま揚げ・・・めっちゃおいしい!さつま芋入りのがいい感じだ。こりゃこれから鹿児島へ行ったら定番化するな。
 弁当も値段からするとかなり豪華である。ご飯の上に黒豚が三切れどんと乗っている。おかずの方は幕の内的だがこれまたおいしい。うむうむ、良きかな良きかな。

 大牟田到着、ここから西鉄の乗り潰し開始である。
 西鉄は以前西鉄久留米から西鉄柳川の間だけ乗った事がある。まだまじめに観光などやっていた時期の事だ(笑)。
 西鉄福岡行の特急に乗り込む。使用されている8000系はちょっとボロいが前面展望が良い。お約束どおりきっちりかぶりつきシートを確保する。

0512wv204

▲西鉄8000系(二日市駅にて撮影)

 西鉄らしい実に垢抜けないデザインである(笑)。

 出発後しばらくはJR線と併走しているが銀水駅のあたりで左に折れて行く。
 線路は至って直線的に引かれている。快調に飛ばしている・・・が、速度計を見るとせいぜい100キロまでである。日頃から新快速の130キロに慣れているのでもう遅くて遅くて(笑)。
 線路は時々単線になりまた複線になり・・・を繰り返す。津福駅を過ぎてあたりで高架線になりそのままJR鹿児島本線をオーバークロスする。花畑駅に停車してから西鉄久留米に到着。次の駅からは再び地上に戻りどんどん北上して行く。景色は至って単調、だだっ広い筑後平野の畑のど真ん中を線路が貫いている。時々思い出したように街がある、といった感じである。
 西鉄二日市で下車して一度出場してここから宮の陣まで引き返す。ここから先と大宰府までの支線はあさって元旦に改めて乗りに来る予定である。

 しばらく待って急行列車の花畑行に乗る。やってきたのは2000系。かつての特急用列車で私の幼少時からある車両・・・って製造プレートを見ると昭和48年製、私と同い年である。

0512wv206

 この車両、特徴的なデザインで一見運転台が高い位置にあるように見える、のだが窓は確かに高い位置にあるが運転台は至って普通の高さにあり運転手さんは窓から顔だけを出して運転しているのだ。うわぁ、見にくそうだ。

 宮の陣到着。ここから甘木へ向かう甘木線の普通列車に乗り換え。甘木線ホームは本線から斜めの位置にくっついている。
 甘木線は結構駅数も多く意外に時間がかかる。途中の大城あたりでどっと乗客が減り最後には両手で数えられる程度の乗客になっていた。

 次は甘木鉄道へ乗り継ぐ。西鉄甘木駅からぐるっと回ったところに駅はある。徒歩5分とかからない。

0512wv205_1

 駅の中にはいるとオルゴールのメロディーが流れている。時報かと思いきやどうやらこれが駅のBGMらしい。何にせよ記憶に残る演出ではある。
 次の列車は15時16分。20分ほど時間がある。ここで時刻表を開く。
 ここからの予定はこの甘木鉄道線で基山に出てJRの普通に乗り換えて鳥栖から特急かもめで長崎を目指す、というものである。
 だがよく考えてみると特急かもめは博多で新幹線に接続する。朝のニュースで言っていた「下り列車は混雑のピーク」というのが頭の中をよぎったのだ。帰省ラッシュなんて今までまったくといっていいほど縁がなくどの程度のものかさっぱり見当がつかない。しかし警戒するに越した事はないだろう。
 一応念のため基山から博多へ行きそこからかもめに乗った方がいいのではないか?博多からなら並びさえすればまず座れるはずだ。

 調べるとちょうど1時間、当初予定の2本後のかも35号には乗れそうだ。
 料金的にはどうせ乗り放題、痛くも痒くもない。
 時間的にはまぁこれくらいなら許容範囲である。仮に混雑がどうってことがなくても損はない。よし、これで行こう。

 そうこうするうちに基山行は出発する。しばらくはあまり先程までと変わらない、当たり前だが。
 西鉄線と交差する小郡で乗客はほとんど降りてしまう。
 ここから少し風景が変わる。湿原のような原野が広がったかと思えば近代的な工場の横をかすめたりする。
 間もなく基山に到着。

 ここで先程の計画通り博多方面の列車に乗りかえる。途中二日市で対向のリレーつばめが止まっているのが見えたのだがデッキに乗客があふれ出している。客室内にも相当な乗客が入っているようにも見える。これは予想以上にまずい事態になっているのではないか。

 博多に到着。ちょうど4番線から一本前のかもめ33号が出発しようとしている。3番線には885系の姿が見える。すでに入線済みで結構長い列ができている。
 ・・・様子が変だ。頭上の電光表示には自由席は4~6号車と表示がでているのに列は5・6号車の部分しかできていない。
 おかしいと思って4号車のところに行くとぶら下げられている手動の表示板が「4号車・指定席」となっているのだ。だが車両側の表示・電光表示はやはり4号車は自由席と表示されている。
 ははぁ、さては誤表示しているな?どうもどちらか確信がもてないのでここに列ができていないようだ。
 これは間違いなく4号車は自由席だろう。車両側の表示が間違っている事はほぼ考えられない。もし間違っていたらゴネてやる(笑)。
 あまりに自信たっぷりに並んだからかその様子を見て向こう側から続々ほかの客が移動してくる。これで一蓮托生である。

 そしてようやく清掃終了。やはり自由席で正解であり何の問題もなく席を確保。車端部の席を確保。ここにだけはテーブルがあるので選んだのだがよく見ると足元にサービスコンセントがある。清掃用のもののはずだが使っていいものか?
 出発前に検札が来たので車掌さんに聞いてみると使ってもOKという事なので遠慮なく使わせていただく。これで長崎までの2時間たっぷりテキストが打てる。これは思わぬ特典となった。

 見る間に車内の席が埋まり出発前の時点でもはや座れるかどうか、ではなくて乗れるかどうか、というレベルにまでなってくる。遠回りして正解だったよ・・・。
 山陽新幹線が遅れているらしく出発が15分遅れる。もう車内はラッシュアワー並みの混雑となっている。その間一人黙々とテキストを打ち続ける。

 ようやく動き出したものの遅れは一向に縮まる気配がない。
 佐賀で約半分ほどの乗客が降りようやく少しましになる。
 結局6分は遅れを取り戻し19時05分、9分遅れで長崎に降り立った。

|

« 【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く | トップページ | 【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった »

コメント

既におせちのような,豪華駅弁ですね~。
西鉄のお電車の赤いの,私,なんとなく好きですけど,あか抜けないですかぁ。。。かわいいやん。

投稿: りえっち | 2005年12月31日 (土) 00時58分

2日目お疲れさまです〜。
あっしは西鉄の2000好きですよー。かわええ…。最近ヘッドライトを無意識に「目」と認識するようになってしまいまして(^^;

投稿: こまっち | 2005年12月31日 (土) 02時40分

>>りえっちさん
 たしかに言われて見ればおせちのようですね。
 味もなかなかのものでした。
> 赤いの
 まぁこの辺は個人のセンスですから(笑)。

>>こまっちさん
> 西鉄2000
 いやいやなかなか愛嬌のあるデザインだとは思いますよ。
 なんかアゴが長くて猪木っぽいし(笑) 

投稿: ove250 | 2006年1月 2日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/187689

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】九州旅行2日目B・恐怖の帰省ラッシュ:

» 鹿児島本線 博多−新八代 リレーつばめ グリーン個室 [グリーン車 アッパークラス体験記]
 九州鹿児島本線を走る特急「リレーつばめ」。2004年3月開業の九州新幹線が開業したことにより、それまでの博多−西鹿児島(現:鹿児島中央)から途中の新八代駅にて新幹線と接続する特急列車となりました。    「リレーつばめ」号はブラックボディと重厚感のある外観で...... [続きを読む]

受信: 2006年1月30日 (月) 12時33分

« 【鉄旅】九州旅行2日目A・市電王国を行く | トップページ | 【鉄旅】九州旅行3日目A・長崎は今日は曇りだった »