« 【雑談】イカ美味え | トップページ | 【Bトレ】東急8500系8629F »

2006年2月23日 (木)

【鉄旅】東京出張記(ウソ)その1

#2月12日の東京出張に伴う旅行記です。

 京都駅6時45分、ホームに700系が滑り込んでくる。運転台後方に「JR700」の文字が入っている。JR西日本のB編成である。このタイプに乗るのは今回が初めてだ。
 車内にはいるとシートが紺色系でこれだけで随分と印象が違う。デッキよりの席にはE編成レールスターと同じ大型テーブルとパソコン用コンセントが設けられている。運用がはっきりしていればシートの狙い撃ちをするところだが西日本車がどの運用にはいるのかは良くわからないためにどうしようもないわけで。
 昨日指定を受けた席は3列席の窓側、A席である。運が良い事に東京まで隣の2席は空いたままだった。

 品川駅に定刻8時58分に到着。今日はここからけいそうさん(以下Keさん)と合流する。さらに後からこまっちさん(同Koさん)も合流する。おふたりともmixiのBトレコミュで知り合った方で今日はじめてお会いする。お二人とも基本的に乗り鉄ではないのに参加を申し出てくださったという命知ら・・・げふ、げふふん・・・実にありがたい話である。

 Keさんから9時11分着の列車で品川に到着するとの連絡をいただき、合流はJR・京急の連絡口ということになっている。
 さてそれじゃあまず最初の目的をちゃっちゃと済ましておきますか。連絡口へ行って京急の駅員さんを捕まえて「すいません、グッズ買いに行きたいんですけどやっぱり入場券いりますか?」というと、「どうぞ通ってください」という返事。以前2chでそのようにしたという話を見ていたのだが本当だったとはびっくりである。

 2chも10000分の1くらいの確率で役に立つ情報もあるんだね(笑)。

 ということで早速売店へ行って600形Bトレを2つ購入(この2つは新1000形1401Fに改装予定)。ちなみに2100形BSTは売り切れだがその他は潤沢に販売されている。600形BSTを4つ反射的に購入しかけたが(笑)我慢である。せっかくだからついでに来る車両の撮影をする。
 まずは2100形2141F、そしてその次に北総鉄道の9000系。元は住宅都市整備公団が導入した車両だが現在では北総鉄道の一員となってこんな所まで顔を出すようになっている。千葉の片田舎を走っていたのがエライ出世である。
 反対側のホームに2100形2108F、トレビジョン編成がやってくる。これにKeさんが乗っているはずである。手早く撮影して連絡口を出てKeさんを待つ。
 一応こちら側の容姿は伝えてあるがKeさんの背格好などは聞いていないので全然わからない。その内に声をかけられるとそれがKeさんだった。どうにか無事合流。ちなみにKeさんによると手に持ったBトレらしき京急の袋でわかったとの事である(笑)。はじめましてのあいさつもそこそこにコインロッカーに荷物とBトレを放り込み早速行動開始。
 まずは東武大師線を目指して山手線で上野へ移動する。車内に乗り込むと座席が開いているのにちょっとびっくりする。なにせ山手線ですっと座れた事なんてほとんどない。Keさんによると日曜日はこんなものらしい。
 上野で常磐線に乗り換え。時間だけ考えればもっと速くいけるのだが実の所手持ちの切符の「東京都内」というのを最大限に活かしたいのでJR線を使って移動する。Keさん巻き添え食わしてすいません(汗)。
 そして北千住で下車。次は東武伊勢崎線に乗り換えて西新井を目指す、のだが北千住駅はJR常磐快速線・東京メトロ千代田線・日比谷線+東武伊勢崎線・東武伊勢崎線半蔵門線乗り入れ線・つくばエクスプレス線が全て一つの場所に固まっているのでまるで迷路の様になっている。またややこしいことにその西新井へ向かう列車は地平面にあるホーム(浅草及び半蔵門線乗り入れ方面)と3階にあるホーム(日比谷線乗り入れ線ホーム)の2つに分かれて発着するのだ。表示を見て思い切り混乱するがどうやら次の列車は3階ホームから出発するようである。長いエレベーターを上り日比谷線ホームで待ち受けるメトロ03系に乗りこむ。
 車体を見ると5ドア車である。扉と扉の間にかろうじて窓があるという雰囲気だが扉の開いたこの状態だと窓の前面に扉が見えてしまっているので何とも異様な雰囲気である。しかしよく考えるとこの窓は客室窓のフリをしつつ実は戸袋窓でありこの車両には客室窓がないという事になるのではないか。実に妙な車両である。

060223001b

 伊勢崎線は先述の様に乗り入れ先によって線路が分かれている。日比谷線から延びてきている線路はいわば緩行線、各駅に停車しながら進んでいく。一方の半蔵門線に乗りいれる側は急行線の扱いでそもそもホームがないようだ。
 荒川を渡り右手にどこかで見たような建物が見えてくる。そう、最近TVで話題の(書いている時点ですでに古いネタだが・・・)ホリエモンや麻原彰晃もいるかの東京拘置所である。その後線路は左へカーブし千代田線の線路をオーバークロスしていく。左側の急行線をスペーシアが走り去っていく。

060223002b

 そして西新井駅に到着。ここからわずか一駅、大師前(だいしまえ)駅まで延びている大師線が今回の第一目標。昨年春に来た時にはそもそも存在に気がつかずスペーシアで鬼怒川温泉方面へすっ飛ばして行ったために妙な未乗区間が出来上がってしまったのだ。
 ホームに降り立つと丁度大師線の列車が出発しようとしている。まぁ走るのも面倒くさいし次を待とう。
 階段を上がるとそこには「大師前駅改札口」という中間改札が設けられている。くどいようだがここは西新井駅である。

060223003b_1

 省力化・コスト削減に熱心な東武だけあって大師前駅の人員を全て削減してここで改札業務を行っているのだ。
 ここで問題になるのが切符である。改札の手前には自動券売機が設けられておりここまでの切符を投入すると大師前までの切符が購入できるという具合である。
 しかしながら私が今もっているのは先述の通り京都市内から東京都内の「新幹線回数券」である。ダメモトで券売機に突っ込んでみる。

 当然の様に切符がつき返される(笑)。

 JR東日本発行ならともかくJR東海発行の切符だもの、さすがに無視された。ということで致し方なく改札へ行って精算。切符を発行してもらう。そして中間改札に吸い込まれて出てこない切符。男山ケーブルの所持10秒に次ぐ記録だ(笑)。

 ホームに降りる。時刻表を見ると日曜の午前のこの時間でも10分ヘッドで列車が運転されている。しばらくすると2両編成の8000系がやってくる。日がな一日この車両が言ったり来たりしている模様。出発までわずかな時間だが結構な数の乗客が乗っている。
 そして出発。すぐに本線から左に折れ高架線を登ってゆき・・・、終着大師前駅に到着。早っ!所要わずか2分。
 ホームは高架の1面1線。ホームの幅は妙に広く結構立派な駅である。かつて1930年代に伊勢崎線と東上線を結ぶ西板線(西新井・板橋で西板、だろうね)の一部として開業した区間がこの大師線である。全線開通していれば東武の幹線の一つとなっていただろうに・・・。
 しかしホームには多くの乗客が待ち受けている。10分ヘッドの運転でも元が取れているのではあろう。
 多くのテナントが入る駅舎を1階まで降りると無人の改札が寂しく残されていた。ただその横の「改札内」には東武の売店はそのまま残っている。まぁあの乗客数なら駅員は要らなくても売店は立ち行くのであろう。

060223004b

 駅の前にはバス停がある。覗き込んでみるが路線図を見てもどこへ行くのか全くわからない。駅の裏手には路線名の由来となる西新井大師がある、が無視してUターンする。Keさんにツッコまれるがそれがoveクオリティなのです(苦笑)。
 西新井から北千住へ戻る。復路は東武20000系の21807F。携帯を見るとKoさんからの接近情報メールが来ている。どうやら1列車後ろに乗って追いかけられているようだがこちらは日比谷線系列の普通。多分追い抜かれるな。

 北千住に到着。Koさんを待たせてはいけないので速く地下ホームへ・・・。いや、20000系の撮影はしておくべきだよね(をい)。Keさんともども去っていく20000系を撮影。それから地下ホームへ急ぐ。メトロ千代田線ホームの綾瀬側の端と現在地と対角線上一番遠い地点を合流点に指定しているのはなぜだろう?

 指定地点でKoさんと無事合流に成功。ここでKoさんから「あの」画像データ入りのスペシャルCD-Rをいただく。ありがたく活用?させていただきます。Keさんは「Bトレにハマる遠因」になったというフリーランスのオリジナルNゲージ車両を見せてもらう。全長66mm、Bトレより1割増だけどよく出来ている。これくらい出来る器量があればいいのだけれど。

 やってきたメトロ6000系に乗って馬橋へ向かう。

 つづく。

|

« 【雑談】イカ美味え | トップページ | 【Bトレ】東急8500系8629F »

コメント

無理をしてでも品川合流をすればよかった…と悔やまれまする(^^;

投稿: こまっち | 2006年2月24日 (金) 11時40分

真面目に読んじまった(汗)

投稿: りえっち | 2006年2月24日 (金) 13時08分

>> こまっちさん
 まぁ、次回は是非にがんばって早起きしてください。
 夏には東部北部の未乗区間を乗りに行くつもりではいますので。
>> りえっちさん
 まじめに読まれると照れます(笑)。

投稿: ove250 | 2006年2月26日 (日) 00時06分

今頃、おつかれさんっす。
山手線はね、ラッシュ時での乗車駅と行き先で座れる駅があるのよ。品川駅外回りが典型っす。

投稿: けいそう | 2006年2月27日 (月) 15時15分

>> けいそうさん
 今頃すいません(^^;
 がんばって続き書きます。
> 山手線はね、ラッシュ時での乗車駅と行き先で座れる駅があるのよ。品川駅外回りが典型っす。
 なるほど。すると東京駅は座れない典型的な駅なんでしょうね。

投稿: ove250 | 2006年2月27日 (月) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/809435

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】東京出張記(ウソ)その1:

« 【雑談】イカ美味え | トップページ | 【Bトレ】東急8500系8629F »