« 【鉄旅】広島旅行1日目A・山陽道を下る | トップページ | 【鉄旅】衝撃の事実発覚 »

2006年3月25日 (土)

【鉄旅】広島旅行1日目B・広島近郊いったりきたり

 ここにスカイレールサービスという鉄道会社がある。
 JR瀬野駅に連接するように駅舎がもう一つありそこからどう見てもゴンドラのレールのような物体が上に伸びていっている。
 瀬野駅から上に伸びるように開発された「みどり坂」へのアクセス手段として設置されたのがこの路線で、三菱重工が開発した少量輸送システムの現在唯一の導入例となっている。
 150円のきっぷを購入して自動改札に突っ込むと吸い込まれて出てこない。
 ホームに上がるとプシュと言う音がしてホームドアが開き車両が迎えてくれるが・・・。

060325004b

 どうみてもゴンドラです。ありがとうございました。

 ・・・、いや、本当にスキー場にあるゴンドラと全くと言ってもいい物体です。しかしこれも鉄道営業法に基づいて営業されている鉄道事業者なわけでやはりこれも乗り潰し対象となる。

 しかしよーく見ると鉄道車両らしく車両番号はあるし前照灯代わりのミニランプが前面に、後面には赤いランプ、前には「みどり口⇔みどり中央」のシールが貼られている。更には「列車番号」がちゃんと設定されている。
 時間が来るとアナウンスが流れて扉が閉まる。乗客は私含め二人。
 車両は急激な坂をすいすいと登って行く。感覚はゴンドラそのものである。
 急坂を抜けるとレール?は左に曲がり駅が見え、更にまた登り右に曲がり駅が見えている。どうやらこれが全線らしい。まぁ1.3キロだからこんなものか。
 途中のみどり中街駅で相客が降りる。ゴトゴト揺れながら坂を登り終点みどり中央駅に到着。
 ホームドアが開きホームに降り立つ。階段を下りると改札も何もない。
 エントランスで子供がサッカーに興じている。平和なニュータウンの光景そのものである。

 10分後の「列車」に乗って瀬野駅に戻り広島を経由して可部線で大町駅へ。

 次は「アストラムライン」、正式には「広島高速交通広島新交通1号線」に乗り換える。始発駅は市内なのだが折り返しで乗るとしてJRからの乗り換え駅である大町までまずやってきたのだ。18きっぷは有効利用せねば。

 上を見上げるとちょうど広域公園前への列車が出発して行く。これはわかっていたことなのだがちょっと悔しい。

060325005b

 切符を購入しホームに上がる。程なく次の列車がやってくる。グレー時にオレンジの塗装の6両編成である。乗り込むと運転台があり運転手が乗っている。全自動運転システムじゃないんだね。中もグレーのつり革が採用されるなどイメージが統一されている。
 びっしりと住宅の建っている中を西へ進んで行く。結構飛ばしているように見えるがスピードメーターを覗き込むとせいぜい50キロ強しか出ていないようだ。
 終点の広域公園前で折り返し始発の中通へ向かう。大町を再び通り古市で右へ曲がり南下して行く。山陽本線と交差する地点から地下にもぐり終着の中通駅に到着。地下を走る新交通システムというのは違和感がある。

 これで今日の予定はほぼ完了したが時間はまだ16時過ぎ。日のあるうちはもう少し動くとする。

 少し西へ歩き原爆ドーム前あたりで撮影開始。どんどん列車が来るのでとにかくラクである。
 旧京都市電1900系同士のすれ違いには思わず興奮。もう広島に着てからの年月の方が長いのだがやはり京都人としては思い入れのある車両である。

060325006b

 その一方で5連接車体の「グリーンムーバー」なんかもやってくるのでもう楽しくて仕方がない。
 ひとあたり撮影したので来た列車に乗って原爆ドーム前から八丁堀電停へ。ここから北へ伸びる「白島線」に乗る。降車時に「乗り継ぎカード」をもらう。これによって白島線で運賃を払う必要がなくなる。

 やってきたのは先述の1900形。前に乗ったのは30年近く前である(松山で乗ったことはあるけれど)。
 白島までは10分ほど。あっという間だが乗客が多く降りたらあっという間に引き返してしまったので次の列車で戻る。

 再び八丁堀から今度は広島駅前に向かう。夕食も考えねばいけない時間帯になってきた。ここでも何本が列車を見送って撮影しているとついにアレがやってきた。

060325007b

(広島駅前にて撮影)

 最新鋭の「グリーンムーバーMAX」だ!粘った甲斐があったというものである。
 しかし2代目にして「MAX」って・・・。5代目くらいになったら「五両合体グレートグリーンムーバーファイナル」とか言う名前になってしまっているんじゃないかとふと心配になる。なんか必殺技でも使いそうである。

 中に乗り込む5両連接車体で先頭から最後まで丸見えになっている構造はなんと言うかすごい。MOMOもすごかったがこれもまたすごい。運転台のところまで行くとこちらにも運転台後ろに特等席があり空いているので確保する。
 専属の車掌が乗っているので運転手は運転に専念している。シートは結構すわり心地がよさそうで珍しいのはアームレストがありさらにその先に何かわからないがボタンが装備されている。実に近未来的なデザインである。銘板を見ると2006年製となっている。本当の最新増備車であるようだ。主メーカーは近畿車輛となっている。
 広島駅前まで至福の時間をすごし駅で広島焼で食事して駅内に入り「瀬戸内マリンビュー」を撮影して午後8時前にホテルに投宿した。

 -----

 風邪ひいたかな?頭痛いです。

 どっちにせよ明日の分の更新は即座には無理ですね・・・。

|

« 【鉄旅】広島旅行1日目A・山陽道を下る | トップページ | 【鉄旅】衝撃の事実発覚 »

コメント

広島へ行ったらスカイレール。そして可部線から大町乗り換えでアストラムラインという計画は、やっぱり誰もが思いついてしまうものなんですかねぇ(笑)。

投稿: 淺の | 2006年3月26日 (日) 09時25分

>> 淺のさん
 まぁやはり誰もが思いついてしまうと思いますよ(笑)。
 最初はもっとヘンな計画だった(ML九州で行き過ぎてバックしてくるとか)のですが無難なところに落ち着きました。

投稿: ove250 | 2006年3月26日 (日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/1164706

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】広島旅行1日目B・広島近郊いったりきたり:

« 【鉄旅】広島旅行1日目A・山陽道を下る | トップページ | 【鉄旅】衝撃の事実発覚 »