« 【鉄旅】鞍馬の山に魔王を詣でる | トップページ | 【鉄道】嵯峨野線から113系が消える日 »

2006年5月28日 (日)

【鉄旅】六甲・奈良に行ってきた

 今日も昨日に引き続きお出かけ。

 昨日の叡山電鉄線と同じく運営会社が変わったために乗りなおしの神戸都市整備公社の摩耶ケーブル線と今年春の開業の近鉄ゆめはんな線の延伸開業区間の2つに乗ってきました。

-----

060528001b_5

 三宮からバスで摩耶ケーブル下バス停へ。なんかすごい急角度の上に途中からはバス1台すれすれの一方通行路へ。

060528002b_2

 昨日の鞍馬山ケーブルとは異なり常識的な鉄輪式。この車両は2号客車・「にじあじさい」号。

060528003b_3

 最高傾斜角度は29度。かなりの急勾配だけれど。

 そのまますぐに引き返すのもなんなので少し歩く。

060528004b_2

 荒廃した山門が現れる。かつてここに存在した摩耶山天上寺の跡地。昭和51年に賽銭泥棒の放火により焼失したとの事。昭和60年に北1キロの地点に再建されたそうだ。

 そしてケーブルに乗り引き返す。

060528005b_4

▲ ねこーっ!

----

 夕刻奈良県の生駒へ。

 ここから近鉄奈良登美ヶ丘駅までが新規開業区間。

060528006b_1

 車両は新車、7200系。一番近鉄らしくないカラーリングの車両。

060528007b_1

 生駒~白庭台の間がやたらに長く1本のトンネルである。そこから先の3駅の間はほとんど距離はない。

060528008b_1

 当然だがピカピカの新駅。駅の周りだけが空白地、周辺は比較的開発が進んでいる。すぐ近くでイオンの新店舗の建設工事が進められている模様。もっとも出来たところでみんな車で行くんだろうが・・・。

 そのまま引き返すのも芸がないのでバスに乗って近鉄京都線/JR奈良線の祝園駅へ抜けるバスがあるので少し待って乗り込む。

060528009b_1

 京都ではこんな3ドアのバスは見たことがないのだが他ではメジャーな存在なんだろうか?

 日の暮れかかった学研都市をバスは走り抜ける。車は多いがバスの乗客は少ない。日曜の夕暮れだからだろうか。

 25分で祝園駅に到着。乗り込んだ近鉄の急行は座席が空いていなかった。

|

« 【鉄旅】鞍馬の山に魔王を詣でる | トップページ | 【鉄道】嵯峨野線から113系が消える日 »

コメント

 確か始めましてです。
きっとご近所に居住だろう(嵯峨野線沿い)京都ガンモです。
Bトレの話題で拝見してました。よろしくお願いします。

 3ドアバスはマイナーな存在みたいですよ。
通勤路線とか混雑路線用に特注で作られているって聞いた事があります。
他に、名古屋市営バスとかで使われてるのを見たことがあります。先乗り(先払い)後降りだと便利な仕様です。

 関西圏では後乗り前降り(後払い)の為か前後ドア車があたり前でしたが、関東圏では前中扉車が多かったです。というか20余年前に関東に行った時に、後に扉が無いことに驚いた記憶が…。都バスの均一区間車が先払いだったので、二度ビックリ。

 今ではノンステップ化の影響で、前中扉車しか作られてないようですが…。中乗り前降りの京都では、凄く乗り降りしにくい車内仕様だと思ってます。(ドア周辺の出入りはしやすいですけどね)
通勤でバスを使ってますが、新車が来たらハズレだと思ってたりします。
 

投稿: 京都ガンモ | 2006年5月30日 (火) 16時11分

>> 京都ガンモさん
 はじめまして!よろしくお願いします。
 間違いなく5キロ圏内にはお住まいのようですね(笑)。
> 3ドアバス
 ほうほう、そうだったんですか。神戸・奈良と立て続けに3ドアバスを見かけたもので知らなかっただけかと思っていたんですがやはりマイナーな存在なんですね。
 都バスの先払いはやっぱり慣れませんよね(笑)。
 京都市バスは急速にノンステ化が進みもはや50%以上の確率で来ますよね。慣れてはきましたがシートの狭さが堪えますね・・・。

投稿: ove250 | 2006年6月 1日 (木) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/1978820

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】六甲・奈良に行ってきた:

« 【鉄旅】鞍馬の山に魔王を詣でる | トップページ | 【鉄道】嵯峨野線から113系が消える日 »