« 【鉄旅】北海道旅行終了 | トップページ | 【業務連絡】風邪引いたので »

2006年7月24日 (月)

【鉄旅】北海道旅行3日目

#北海道にいないじゃないかというツッコミは却下な。

 3日目、5時30分起床。ホテル近くのコンビニでおにぎりだけを買い込み山形駅へ。

 6時31分発の福島行の普通列車に乗り込む。珍しく米沢を越えて運転される列車でこれに乗っていけば板谷峠の各駅に降りることもできる列車である。

 しかし。

 3日目にしてやっとちょっと晴れてきた、かと思いきや山裾に列車がかかるとガスってしまって何も見えなくなる。もうどうしようもない(涙)。

 赤湯駅にて下車。山形県唯一の私鉄(第3セクター線だが)の山形鉄道フラワー長井線に乗り換える。元は国鉄長井線という名前だった線である。

 標準軌化されてしまった奥羽本線のホームの脇に、おそらく昔からそのままと思われる小さなホームがあり、白を主体にした単行のディーゼルカーが待ち受けている。

 車内はセミクロス配列のトイレ付。全線行っても1時間程度の線だがトイレ付とはどこぞの長○川鉄道とはえらい違いである(全線2時間トイレなし)。

 夏休みに入って最初の日曜日だが高校生の姿も意外に見える。クラブへ行く途中なのだろうか。

 10分弱の接続時間で出発。一度北へ向かいすぐに左に急カーブで曲がって行き、奥羽本線が離れて行く。

 すぐに市役所前という駅に到着。本当に市役所の裏側に直結。これで一般の人の利用があるのかどうか聞いて見たいところである。

 数駅進んで宮内という駅でさっそく対向列車と交換する。その待ち時間の内に土日限定1日乗車券を購入。これで単純往復1500円が1000円で済む。

 線路は山に沿うように緩やかに西へ進路をとりそして今泉駅へ。あの米坂線の今泉駅である。

 ぱっと2年前に訪れたときの事が思い出される。あの時は6月の梅雨の真っ最中だというのに異常に天気がよく遠く飯豊連邦の山々まで一望できたのだが・・・、今日は相変わらずガスっていて山々はまったく見えず。なかなかうまくいかないものである。

 しばらく米坂線の線路を走り、信号所の遺構と思しき建物を見ながらポイントを右へ、荒砥方面へ向かう。

 南長井駅で学生たちがどっと下りる。制服の違う高校生はまだ残っているのでまたこの先に高校があるのだろう。

 長井駅で再び対向列車と交換する。そしてあやめ公園駅で残った学生たちが一斉に降りてしまい、ついに貸し切り列車になる。

 何のために乗っているかわからない乗客一名だけを乗せて黙々と列車を走らせる運転士。

 ホームには誰も待っていない。

 なにか違う世界にでも入り込んでしまったのではないだろうかとふと考えてしまう。

 最上川にかかる立派な鉄橋を渡ると終着の荒砥駅。ホームにはわずかな乗客とスタッフが待ち受けていた。

 構内には車庫がある。荒砥での折り返し時間がやたらに長い列車があるのはそのためか。

 わずか10分弱で折り返しの列車の乗客になる。

 復路の方が意外に乗客が多い。車内が暑くなってきたので窓を開けてぼーっとする内に寝てしまっていたらしい。

 「すいません・・・」の声で目を覚ますと「冷房を入れているので窓を閉めていただけないでしょうか」という運転士の声。いつの間に入れたのやら・・・思わず苦笑する。

 ちょうど隣のホームに米坂線の列車が入線してくる。原色の国鉄色のキハ58+28の2両編成。
 やっぱりゴハチにはこの塗装が一番似合っていると思う。

 赤湯駅に到着。つばさ108号に乗り換え一気に福島駅へ向かう。喫煙席しか空いていなかったのでゲホゲホいいながら過ごす。頼むから早く全席禁煙にしておくれ・・・。

 峠駅を通過して行く。日が差しているのでスノーシェッド内の様子が良く見える。冬場に来たときは真っ暗だったのだけれど。いずれあとの2駅(大沢・板谷)にも行ってみたいところである。

 板谷峠を越え笹木野大カーブを抜け福島駅に到着。ここから残っている内ではかなり上位に位置する阿武隈急行線に乗車する。この線も第3セクター線でもともとは国鉄丸森線に未完成線を開通させて開業したものである。

 ホームは福島交通の福島駅の片方のホームを間借りしている形になっている。第3セクター線唯一(私鉄というくくりでも珍しいが)の交流専用車、8100系の2両編成がすでにホームに止まっている。前面は角ばったフェイスにパノラミックウィンドウがはめこまれた独特の形をしているが車体そのものはJRの717系にほぼ準拠しているように見える。特に側面のデザインは酷似している。
 車内は閑散としている。ボックスシートを余裕で確保する。出発時間が来ても車内はほぼそのままだった。

 すぐに東北本線に合流ししばらくそのまま走り続けたところで上り線が高架になる。その足元にポイントがありそこからが阿武隈急行の線路になり、すぐに卸町駅。

 そこから先は線路がほぼ一直線。比較的後期に設計、施設された線路はこのような形になっているところが多い。その次の駅などは待避線があきらかに一線スルー構造になっている。どこまで工事がされているかはわからないが相当高規格な路線のように見える。

 まぁ、当初の東北本線のバイパスルートという予定がなくなり優等列車が一本も走らない現状では何の意味もない。しかし福島-槻木間で東北本線に何らかの理由で不通になったりしたらしばらくは脚光を浴びたりすることもあるかもしれない。もっとも交換駅といってもどう見ても6両程度の行き違いが限度のような気もするので長編成の貨物列車なんか入れたら全線を1列車で占拠されかねないが(笑)。

 しばらくは駅が続く続く。出発したと思いきや1分足らずで次の駅が見えてくる。

 可笑しいのがこの線の駅には何らかのキャッチフレーズが用意されているのだ。「ファッションニットの町」とか「疎水光る桃源郷」とか。

 で。

 大泉駅が「さわやか田園都市」。

 あぁ、さわやかだねぇ。

 うん、たしかに田園といってまったく差し支えない。

 都市はどこにあるんですかっ!!!!


 このわずかにみえる住宅地を都市といっていいなら日本から田舎は一切なくなるだろうさ(笑)。

 まぁこれ言い出したら東急の田園都市線なんて田園がどこに行ったのかという話になるんだけど。

 話が脱線した。

 この列車は時刻表上では槻木行となっているのだが今日は柳川で車両を入れ替えるので乗り換えになるとのことである。えー、めんどくさいー(棒読み)。

 嬉々として列車を乗り換える。

 柳川からしばらく走ると阿武隈川の流れが寄り添ってきて少しずつ平地が少なくなってくる。

 いくつものトンネルで直進し抜けた先があぶくま駅。「鉄子の旅」にも出てきた屋根の特徴的な建物が見えている。

 ここを越えると丸森駅に出る。そして最初と同じような平地の真ん中を走りぬけ終点の槻木へ到着。思っているよりも平地を直進している路線だった。もっとも人跡未踏のような山の中を走っているようなイメージがあったのだけれど(笑)。

 次の目標は東武宇都宮線。槻木からは一度仙台へ向かう。普通列車で福島へ戻るより仙台へ行って新幹線で戻った方が早い。コストはかかるけど。

 やってきた快速「仙台シティラビット号」は鬼のような混雑っぷりだった。

 長町駅周辺では線路の切り替え工事が進められていた。長町駅は現在の地平駅の横に真新しい高架駅が開業をいまやおそしと待っているようだった。

 仙台では一度改札を出てマクドに駆け込みテイクアウトして新幹線ホームへダッシュ。仙台始発のMaxやまびこ号を狙う。4号車の自由席の列に立つ。

 知っている人も多いと思うがE1系・E4系の自由席車両というのはある意味鬼のような設計で2階自由席はノンリクライニングシートの上に3列+3列という設計になっている。1階の方はといえばこちらは常識的なリクライニングシートに2+3列のシートである。

 2階に行って眺望をとればシートが最悪、1階に行けばシートはいいが景色がまったくといいほど見えない。

 が、じつはこのジレンマを解消できる席がある。2号車東京方と4号車仙台方に3列だけ平屋室があるのだ。まぁようするに1階でも2階でもない普通の客室がちょっとだけあるのだ。

 ここなら冷房装置の加減でほんの少しだけ屋根は低いもののリクライニングシートだし景色も普通に見える、更に言えばわずか14席だけなのでちょっとした個室気分でもあるのだ。

 客室整備が終わったら即乗り込んで一番後ろの窓よりの席をゲット!ここなら遠慮なくフルリクライニングできる。

 知っている人はいるようであっという間に窓際の席は埋まった。

 宇都宮までの1時間強はいたく快適だった。ただし福島で連結するはずの相方のつばさが遅れた関係で列車が遅れた以外はね(涙)。

 ここですぐに東武宇都宮駅に向かえばいいのだが足が在来線ホームに向かい餃子そばを食べていた(笑)。食べながらメニューを見ているとコロッケそばもあるらしい。今度チャレンジしてみるか?

 駅西口に出る。東武宇都宮駅までは歩けないこともない距離のようだが用心のためにバスに乗る・・・がどれに乗っていいのかさっぱりわからない。

 後ろを振り返ると案内板があるようなので駆けつけると意外と立派な装置があり50音順のリストから「東武駅前」バス停を入力してプリントすると11番乗り場と書いてあるのでそこへ向かい止まっていたバスに乗り込む。

 バスに乗ること10分ほどで東武駅前バス停に到着。角を左に曲がると東武デパートがある。その中に東武宇都宮駅があった。ホームに止まるはもはやここだけに追い込まれた東武鉄道唯一の吊り掛けモーター車、5050系。
 昨年桐生線に乗った時にも乗ったのだが、その時は先頭車に乗り込んでしまったために吊り掛けモーター車である事に全く気がついていなかったのだ(笑)。今日は是非吊り掛けサウンドを堪能して行きたいと思う。

 まぁしかし同業者の多いこと多いこと(笑)。日曜日ゆえに学生風のカメラを持ったおにいちゃんたちが一杯出てくる。

 対向列車が入線してくるのと入れ替わりに出発する。吊り掛け車独特のモーター音が響き渡る。路線自体は比較的カーブが少ない路線であるため結構飛ばす。
 そうなってくると吊り掛け車の宿命として振動が大きくなり上下動も激しくなり正直乗り心地はあまりおよろしくない。8000系と同一の車体であるのでシートが柔らかいのでずいぶん救われているが、地元の人にとってはあまりありがたい話ではないだろうな、とは思う。が、目一杯楽しんでいるのがテツの悲しい性である。

 途中「おもちゃのまち」という駅がある。あの「TOMIX」のトミーテックの本社のある町である。他玩具メーカーの生産拠点の集まる地域だったのだが最近では縮小気味とのことである。

 新栃木に到着。列車は隣の栃木まで行くがここで5050系とお別れして東武日光行の区間快速列車に乗り換える。
 この区間快速列車は6050系の3ユニット6両編成で先頭2両が東武日光行、次の2両が会津田島行、最後の2両が鬼怒川温泉行と実にややこしい。車内にも掲示されている行先表示幕が威力を発揮するシーンではある。
 私鉄車両としては非常に珍しく長時間乗車を意識したボックスシートを装備した車両であり乗り心地は悪くは無いがそれ以上ではない。
 区間快速と名乗っているがこの新栃木から先はただの各駅停車である。時刻表どおり走っても東武日光までは1時間程度かかる。浅草始発のようだが全線これに乗っていたらいったい何時間かかるのやら・・・。ようするに日光なり鬼怒川温泉に行きたければ特急に乗れ、ということらしい。
 そうなってくると18きっぷで宇都宮線+日光線経由で来るのが一番正解のような気がするがお金持ちの年配者層はそんなことを気にしないのだろう。

 下今市までは乗車済区間なので別に寝ていてもいいのだがこういうときに限って何故か眠ることが出来ない。
 日光に近づくにしたがって天気が悪くなってきたような感じで一雨来るような空模様になってきた。

 下今市手前でJR日光線をオーバークロスする。下今市で後ろ4両を切り離し身軽になった列車は日光に向かう。
 上今市駅を出てJR日光線と寄り添うように走り、最後に左手にJR日光駅を眺めつつ左に急カーブをしながらオーバークロス、かなり無理矢理に設置された東武日光駅のホームに到着した。これで今回の乗りつぶしは終了。あとはがんばって京都へ帰るのみである。

 乗る列車はこの3月にデビューしたばかりの東武・JR東日本の直通特急「日光」号である。
 車両はコレに合わせて改装された専用の485系の6両編成が充当されている。グリーン車無しのモノクラス・全席指定の特急となっている。
 乗る列車は「日光8号」だが、「きぬがわ」「スペーシアきぬがわ」と号数が共有されているのでペアになるのは「日光1号」しかない。

 折り返しは10分のみ、一度改札を出て栗橋までの切符を購入して再度ホームに戻り、撮影してから乗り込む。

 予想通り観光を終えてハイテンションになった乗客ばかりでうんざりする。

 列車は今来た線路を引き返していく。比較的カーブが多い路線で485系は窮屈な走りを強いられているような感じがする。
 下今市・新鹿沼・栃木と停車して東武・JRの接続点である栗橋駅に到着。事前に一時的に照明が消える旨のアナウンスが入る。同じ直流同士だが東武とJRの電気が混ざらないようにする為の直直デッドセクションだろう。

 東武栗橋駅のホームを右手に、JR栗橋駅のホームを左手に見ながら徐行運転でゆっくりと渡り線に入る。
 予告どおりデッドセクションに入りほとんどの機器類が静かになるが数秒後には再び動き出す。列車は低速を維持したまま走る。右手に短いホームが設置されておりJRの車掌が立っているのが見える。その後停車しスタッフの交代が行われたようで右手側を東武の運転手が歩いて後方に去っていく。
 2分ほどの停車の後に出発、一度東北本線の下り線に入り東武日光線をアンダークロスした向こう側で渡り線を渡り上り線に入る。そして水を得た魚のようにいきいきと走り出す485系。やはり長年走り慣れた東北本線のほうが良いということだろうか。

 列車は次の停車駅大宮に向かって走っていく。東武伊勢崎線をアンダークロス、ちょうど1000系が走り去っていく。その直後左手に東北新幹線の高架が現れ「はやて・こまち」が北へ向かう。直後に東急の8500系が留置されているのが見え、久喜駅を通過していく。右に左に色々な車両が現れていくのは単純に面白い。

 大宮からは湘南新宿ラインのルート上を走っていく。池袋に停車し、終点の新宿に到着した。

 日曜日の夕方ということも会ったが乗客は多くほぼ満杯だったと思う。さしあたって東武とJRが手を結んだ起死回生のこの直通事業はまずまずの成果を挙げているというところだろうか。

 この3日間で7事業者12線区、156.7キロの未乗区間を制覇し、青森県・宮城県・山形県・福島県の4県の鉄道を制覇した。

|

« 【鉄旅】北海道旅行終了 | トップページ | 【業務連絡】風邪引いたので »

コメント

わっ、今日ブログネタにしようと思っていた「おもちゃの町」の話が…。それもトミーテックが…。

 いえいえ、今朝のワイドショー「はなまるテレビ」を見てたら面白い町名ってコトで「おもちゃの町」が紹介されてて、そのなかで、トミーテックの本社&工場がほんの少し紹介されてたんですよ。
 んで、工場の映像では…。型抜きされる車体→基本塗装された車体に工員さんがラインを印刷する機械にいれる…って映像が…。ビデオに撮り損ねたのが悔しい!映像でした。

 色的には北海道の気動車っぽかったんですが…。

 で、今朝ココのブログを読んで大爆笑!偶然とはいえ…。

投稿: 京都ガンモ | 2006年7月25日 (火) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/2787905

この記事へのトラックバック一覧です: 【鉄旅】北海道旅行3日目:

» スペーシアきぬがわ [琵琶湖交通社 社長のブログ]
 先日の東京滞在時、ちょうどJR東武直通特急「スペーシアきぬがわ2号」が新宿駅に到着する10時過ぎに新宿駅にいたため、新宿駅で撮らせていただきました。                 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 12時28分

« 【鉄旅】北海道旅行終了 | トップページ | 【業務連絡】風邪引いたので »