« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

【鉄道】敦賀直流電化間際

 先日赤ガマさんにお会いした際に、

 「すっかりブログもBトレ専用になりましたねー」

 と言われました。本分をすっかり忘れておりましたので久しぶりに普通の鉄道ネタもしたいと思います(笑)。

 今年の10月21日に北陸本線長浜~敦賀間・湖西線近江塩津~マキノ間が直流化されて大きく運転形態が変わります。

 まぁご存知の通りこの区間を通り抜ける列車というのは現在非常に少なく18きっぷでの移動にはかなり難儀を強いられる区間になっています。
 とくに湖西線側が致命的でまともな接続が出来るのが一日数回という有様で事実上米原から回るのが当たり前になっています。

 が、今度の直流化で事情は一転します。
 データイムは湖西線側から回る列車が敦賀直通、北陸線からまわってくる列車が近江塩津止まりで折り返しと立場が逆転する事になります。

 久しく利用することの無かった湖西線ですがこれからは利用することも多くなるのかもしれません。

 一方車両の方でも新たな発表が。

 新快速が223系なのは当たり前として、直流区間の普通列車用に125系、福井方面への直通普通列車用として久々の交直両用の新型通勤車両521系が投入されるようです。

 125系はまさか単行であの区間に投入する気かと思いましたが良く考えてみれば125系を使えば小浜線と車両をやりくりできますし、2両で運用させればよいだけですからこれは正解でしょう。でも早朝・深夜時間帯は1両で走ったりするんでしょうね・・・。

 521系は見た目223系5000番代そのままでブルーの帯を纏うデザインになります。新車投入とは意外でしたが(しかもコストのかかる交直両用車を!)この区間で運用される車両はあの419系をはじめ老朽車両ばかりですのでさすがのJR西日本としても重い腰を上げざるをえなかった、と言うところでしょうか。

 まぁなんにせよ京都人としては久々の大幅な変更となるわけでダイヤ改正の時刻表が楽しみです。

 あ、明日からまた出張で帰ってくるのは31日になります。
 明日は「のぞみ1号」で西へ向かいます・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月25日 (金)

【Bトレ】決戦前夜

 いよいよ明日です。

 多数コメントいただきありがとうございます、が。

 風邪引いたのか頭が割れるように痛いので寝させてください。

 とりあえず明日は午前2時起きで買いに行くつもりです。

 あ、そうそう。山陽3000系、今日届きました。

 これもいわゆるフライングゲットってやつなんでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

【Bトレ?】出張顛末記/KIOSK SP3

 えー、ようやく東京から帰ってきました。往復とも午前4時起床、午前5時出発の車で。死ねます。

続きを読む "【Bトレ?】出張顛末記/KIOSK SP3"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

【Bトレ】スル関分車両研究・最終回

 ようやく最終回・残ったのは京阪1900系です。

 そろそろやっておかないと来週は東京にKIOSKSP3を買いに行く仕事で出張ですので。

 今回の記事にはひまわり様のご協力を得ています。

続きを読む "【Bトレ】スル関分車両研究・最終回"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

【鉄旅】茨城から西関東へ

 3日目と4日目をまとめて公開です。

 ------

続きを読む "【鉄旅】茨城から西関東へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

【鉄旅】長野から茨城へ

 2日目。5時15分起床。ちゃんと目覚ましがなれば寝過ごす事はない、はず(笑)。

続きを読む "【鉄旅】長野から茨城へ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

【鉄旅】長野行大失態

 結局何やかんや言って更新はしています(笑)。

 まぁネタ満載だし・・・。

 -----

続きを読む "【鉄旅】長野行大失態"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

【鉄旅】それでは

 予告どおり明日13日より16日まで長野・関東方面に出かけてきます。

 くどいようですがセミリアルタイム更新は期待しないでください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【鉄模】JAMレポート・2006年夏

 それでは改めて第7回国際鉄道模・・・メンドクセ、JAMでいいや、のレポートをお届けします。

続きを読む "【鉄模】JAMレポート・2006年夏"

| | コメント (13) | トラックバック (0)

【Bトレ】24系トワイライトエクスプレス

 昨日11日より先行発売されているJR西日本商事扱いの「24系トワイライトエクスプレス」のAセット・Bセットです。

 それぞれEF81形のトワイライトEXP色+客車4両+フィギュアで3150円。基本的に車内販売のアイテムになるようです。

 車内で3150円×2もするようなアイテムが売れるかって?

 売れると思いますよ・・・かなりいい確率で。

 実際に乗った身だからいいますけどあの中にいると金銭感覚が滅茶苦茶になります(笑)。6300円くらい出す人間はいくらでもいるでしょうねぇ・・・。

 車販アイテムとして売るということはある程度数は用意していると思いますので慌てる必要はないですが・・・。

 買っといて損は無いですよ、間違いなく。

続きを読む "【Bトレ】24系トワイライトエクスプレス"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【Bトレ】JAM行って来た

 第7回国際鉄道模型コンベンション大阪大会へ行って参りました。

060812002b

 1日目は凄かったそうですが今日は至ってまったりモードでした。

060812001b

 で、お目当てのトワイライトBトレを買ってきました。箱デカっ!

 これから組み立てます。

 詳しいレポートは後ほど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

【鉄道】DMV導入決定

 JR北海道で開発が進められているDNV(デュアルモードヴィークル)が来年4月より釧網本線の浜小清水-藻琴間で営業運転が開始されるようです。
 http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060810&j=0024&k=200608102165

 マイクロバスの車体を基本に道路でも線路でも走れるようにしたこの車両。以前TVの番組で見たときにはその華麗な?走りに思わず感動した次第ですがついに運賃を取ってお客さんを乗せて走るという段階に来たようです。
 地方ローカル線の救世主とも目されるこのDMV、おそらく当初はトラブルが頻出する事態になるのではないかと思ったりはしますが(そんな事になって欲しくは無いんですがね)、とにかく注目です。

 つーか、乗りたい。えぇ、是非に!!!

 また北浜駅やら原生花園やら涛沸湖と藻琴湖やら景色のめっちゃいいところです。ここに目をつけるとはJR北海道、さすがにしっかりしています。

 来年夏はまた北海道に行っている可能性大ですね(笑)。まぁオフシーズンのほうが安上がりでいいんですけれど。

 -----

 全然関係ない話(兼業務連絡)

 12日、やっぱりJAMに行って来ます(笑)。
 トワイライトBトレ、AとBと一個ずつでよろしいでしょうか?>Kさん

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 8日 (火)

【Bトレ】スル関分車両研究・その2

 第2回は阪急2300・3300・6300系です。京阪1900系は次回に。

【1:2300系(非冷房車)】
  前面パーツ:2種(原形・更新)
  屋根パーツ:先頭2種(パンタ有・無)/中間2種(パンタ有・無)

 予想の斜め上を行く非冷房車仕様での販売となった2300系です。

 まー、確かに冷房屋根つけたら事実上2000系の再販になっちゃうわけですからこうなるのも仕方が無かったかもしれません。だいたい側面パーツは2000系の流用です。

 とはいえ更新前面の非冷房車なんぞ存在しないわけですから本当の意味でのサービスパーツになります。どうしても冷房化したければ5300系のほうから流用するしかないのでは・・・。
 つーか5300系を買ってきて2000系前面をつければ2300系冷房車のいっちょあがり(笑)。

 非冷房当時の編成はいまいち不明です(誰か教えて!)が・・・。

 (以下/Pはパンタつき車両です)

 <Mc2300/P+Tc2350>

 理屈から言うとこれが最短の2両編成。

 <Mc2300/P+M'2330+Tc2350>

 これもありです、3両編成。ある意味基本。

 <Mc2350/P+M'2330+T2380+Tc2350>

 もう一つの基本、4両編成。

 で、この二つを組み合わせた3+4、あるいは4+3が京都線用の7連・・・、と思ったら甘い!

 実はユニットとしてはこの組合せで正しいのだが大半の編成が中間に挟まれた先頭車の運転台を取り除かれて7連固定化されているわけで・・・。

 まぁ実のところ1編成ずつ細かく言うと組合せが違うのでその辺りは各自お調べください(笑)。

 あ、そうそう、嵐山線の2309F(唯一の原形編成)も2連+2連の形です。

 フルスケールのN辺りなら死ぬほど悩まないといけないところですがBトレとしてどの辺りでで割り切るか、考えどころですね。

【2:5300系】
  前面パーツ:2種(5300系更新前・6000/7000系)
  屋根パーツ:先頭2種(パンタ有・無)/中間2種(パンタ有・無)

 やはりこれも2000系のパーツを流用したモデルです。こちらは冷房車、というか新製時から全車冷房車だし・・・。
 しかしサービスパーツの付け方がどっちかというと謎。なんで更新前前面・更新後前面にならないのかと責任者を小一時間問い(ry

 というか某ページを見るとどうも更新後前面と7000系の前面という謎の組合せになる模様。やっぱり責任者を小(ry

 5300系といったらあの更新前の前面に決まってるだろうが!!!

 はぁはぁはぁ・・・、本題に戻ろう。

 すいません、更新前前面と6000/7000の前面の2種がセットされます(JAMにて確認してきました)。

 編成は7連(2種)と8連の3種類。

 7連(タイプ1):

 <Mc5300/P+M'5800+T5850+T5850+T5850+M5900/P+M'c5400>

 7連(タイプ2):

 <Mc5300/P+T5850+M'c5400>+<Mc5300/P+T5850+T5850+M'c5400>

 8連:

 <Mc5300/P+M'c5400>+<M'c5300/P+M'5800+T5850+T5850+M5900/P+M'c5400>

 無駄が全く無い(4箱で成立)の8連がもっとも効率が良い組み方。もっとも走らすときに5900を1両抜いてちょいちょいと組み替えれば7連(タイプ2)になるのだけれど。

 ついでに7300系も。

 7連:

 <Mc7300/P+M'7800+T7850+T7850+T7850+M7900/P+M'c7400>

 8連(タイプ1):

 <Mc7300/P+Tc7450>+<Mc7300/P+T7850+T7850+T7850+M7900/P+M'c7400>

 8連(タイプ2):

 <Mc7300/P+M'7800+T7850+T7850+T7850+T7850+M7900/P+M'c7400>

 時代が後になると電動車比率が下がっていて技術の進歩を感じますね。

 あえて7連を組んで余った先頭車を2300系に回す(前面は何とかする)というのも良いかも。

 あとどうせ冷房屋根パーツも昨年の8000系と同じと考えれば大量に買い込んで肩の部分を自分でアイボリーに塗り替えれば・・・・。

 多分今回販売される3種の中ではもっとも使いであると思いますが。

【3:6300系】
  前面パーツ:1種
  屋根パーツ:先頭2種(パンタ有・無)/中間2種(パンタ有・無)

 はいはいはい、ある意味今回の本命です。

 しっかりとやってくれました。6330F用の先頭車パンタ屋根を付けてくれました。

 あっはっはっはっは、やっぱり人の財布殺す気やね(笑)。

 こちらの編成はシンプル。

 基本8連:

 <Tc6350+M6800/P+M'6900+T6850+T6850+M6800/P+M'6900+Tc6450>

 6330F:

 <Mc6330/P+M'6930+T6850+T6850+T6850+T6850+M6830/P+M'c6430>

 手を抜くなら基本8連用に6箱+両端だけ入れ替えるために2箱、でもOKだけれど。

 どうするかなぁ・・・?

 ----

 2300系4箱、5300系4箱、6300系8箱が最低ラインかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

【Bトレ】東日本KIOSKSP3

 どっちかというと関西人にはどうでも良かったりする東日本KIOSKのSP3です。

 ラインナップが

 485系上沼垂色
 489系あさま色
 485系勝田色
 115系スカ色
 115系旧長野色
 115系新長野色
 E531系
 209系3100番代
 205系山手線色
 205系南武線色
 205系鶴見線色

 だって。正直縁がない車両が多いです。あえて欲しいのというと485系の上沼垂色(1500番代使用の「白鳥」とか好きでしたねぇ)とか115系の新長野色くらいかなぁ・・・。

 E531系とかそのうち2階建てグリーン車込みのセットで出そうですよね(笑)。

 まぁ発売日が8月22日だそうです。たぶんネット通販もあります。

 8月22日ねぇ・・・・。

 

 ??

 ???

 あ、東京にいるやん、その日!!

 ちょうど出張で東京にいるじゃないですか!

 宿泊のホテルの近くに某駅があり調べると開店は7時から。

 買ってダッシュでホテルに戻れば・・・。

 あぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!どどどどないすればいいんですか!?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

【鉄道】京阪乗る人お鉄っちゃん

 #タイトルは気にしないように。京阪神間でしか通じんわ・・・。

 本日は京都ホテルオークラで贅沢な昼飯を取った後、まだ時間が早かったので京阪1900系を撮るべく三条から京阪に乗って大阪方面に南下しました。

060806001b

 枚方市駅にて、10000系10003F「トーマストレイン」。
 子供達だけでなくオトナも携帯で写真を撮っている人が一杯・・・。
 ちなみに7200系7203Fも同じくトーマス仕様になっていました。ロクでもない写真なので載せませんが・・・。

060806002b

 同じく枚方市駅にて5000系5555F。
 日本で唯一昇降式シート+パートタイム5ドア構造を持つ特異な車両です。
 どこぞの手抜き6ドア車とは違い、合間時間にはちゃんと3ドアになります。

 東急の5000系5105Fの5555号とは違いこの5555号は先頭車ですので見つけやすいかも。

060806003b

 これまた枚方市駅にて3000系3505F。
 8000系増備後にも唯一生き残った3000系の編成。こいつが来ると個人的にはアタリと思ったりするんですが。できるだけ長生きして欲しいものです。

 この後萱島を経由して古川橋駅へ。

060806004b

 やっと来た!1900系1919F。
 コイツが今度のBトレのモデルになります。

 けどね・・・・。大変なチョンボをしてました。

 1900系は基本的に昼間の準急運行が中心で夕方になると引っ込んじゃうんですよ・・・。

 この1回のみで今日は撮影チャンスを失いました。見てわかるとおり逆光だし後追いだしぐちゃぐちゃです・・・。
 またそのうちに再度撮影に行きたいと思います。

060806005b

 復路、中書島駅にて。

 いつの間にか駅名標が新フォーマットに替わってます。
 断然こっちのほうが格好良いですな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月 6日 (日)

【鉄旅】ようやく決まった

 多分大多数の人が忘れ去っているんじゃないかと最近思ったりしてますが、ここは本来Bトレサイトじゃないんです(笑)。

 13日~16日の間、長野・東京方面へお出かけします。

 13日:京都-米原-名古屋-塩尻-長野-湯田中-須坂-屋代-上田-別所温泉-上田(行動開始5:14-終了19:08)
 14日:上田-軽井沢-横川-高崎-伊勢崎-太田-東小泉-西小泉-館林-葛生-館林-久喜-東武動物公園-南栗橋-栗橋-小山-友部-勝田-阿字ヶ浦-勝田-水戸(行動開始:6:11-終了18:15)
 15日:水戸-新鉾田-鉾田-石岡-佐貫-竜ヶ崎-佐貫-上野-鶯谷-後楽園-池袋-和光市(行動開始:5:59-終了夕方頃未定)
 16日:和光市-小川町-寄居-越生-坂戸-川越市-本川越-所沢-西所沢-西武球場前-西武遊園地-萩山-国分寺-東京-熱海-豊橋-米原-京都(行動開始5:34-終了21:00頃)

 今回はセミリアルタイム更新の予定はありません。もちろんPCは持っていきますので若干の更新はしますがせいぜい写真日記くらいだと思っておいていただけると助かります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

【Bトレ】JR東海・キハ75系タイプ

 8月2日から通販が開始された日車夢工房製のキハ75タイプ、です。
 「タイプ」になっているのは昨年末に販売された313系の側面パーツ等を使いまわしている為です。

 実車は名古屋-鳥羽間の快速「みえ」と名古屋-大府-武豊間の区間快速・普通列車に使用されています。今年春までは名古屋-奈良間の急行「かすが」にも使用されていたのですがこちらはあえなく廃止の憂き目にあっています。
 快速みえとしては最高時速100キロで走るなどなかなか優秀な性能も有しています。シートも転換クロスシート装備で快適です。まぁカミンズエンジン搭載なので「音」は軽めであまり楽しめないですが・・・。

 0/100番代、200/300番代、400/500番代の3タイプが存在します。
 0/100番代は快速「みえ」専属で使用される初期車、200/300番代はオデコにヘッドライトが増設された2次車、400/500番代は武豊線内でのワンマン運用のために運賃表示機・運賃箱などを装備した3次車になります。200番代車以降は外見はほとんど同じです。

 で、その辺を作り分けるために2種類の前面が付属しています。

060805001b

 左が400/500番代、右が0/100番代をイメージして作っています。行先は区間快速名古屋/武豊行、快速みえ名古屋/鳥羽行にしています。

 製作上の注意としては、まずはモーターユニットを仕込むためにガラスのリブが当たりますので事前に削っておくこと。それとこれは個体差がありそうですが前面パーツを固定するための出っ張りが大きすぎて少し削ってやらないときちんとはまらないようです。ほんの少しカッターで削ってやればOKですが。

 久しぶりに2両編成でサマになるBトレだと思います。販売チャンネルは本家日車以外にもありますのでおひとつどうでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

【Bトレ】小田急7000形LSE・現塗装

 スル関ネタは一度脇に置いといて、存在を何故か忘れられている(笑)小田急のLSEのご紹介ございます。

 先行販売は6月末だったのですが割引の一般販売を待っていましたので一ヶ月遅れでの入手となりました。
 どうもBトレ界というのはでき云々は基本的に二の次で、入手の難易度だけで注目度が決まるという妙な世界ですね(笑)。

 まぁだからといってこのLSEの出来がいいかといえば微妙なんですけどね(笑)。

 今回「メーカーと共同で品質を高めるための様々な改良と工夫を行った」とまでわざわざ断りをいけないほどすっげぇ出来だった先代のHiSEと比べると確かにマシです。

 まず相鉄8000系・9000系・名鉄2000系、小田急10000形を作ったあのハズレ工場製です。
 が、よっぽど今回は小田急側が文句をつけたのか格段に安定してます。塗装の厚ぼったさがずいぶん緩和され、塗装の乱れもあまりありません。まぁこれだけ作ればいいかげん中国人の塗装レベルも上がってくるというものだとは思いますが。

060803001b

 先頭部アップです。先頭パーツ下部のアイボリーの部分がボディー側と色の食い違いを起こしているのがちょい残念ですがこれはもともと透明パーツ上に色を塗っているのである程度仕方ないところです。念を入れてもう一度上から塗装すれば解消される問題ではあるとは思うのですが・・・。

060803002b

 編成全景です。1・2・4・9・10・11号車で編成を組んでいます。

 いつもパーツの切断で難儀を強いられるこのロマンスカーシリーズですが今回は改善がされていまして、編成の中心に当たる6号車でつなぐ場合に限って屋根パーツを切断しなくても済むようになっています(窓ガラスパーツの切断は必要)。

 といってもこれはフル編成を組む人の話であって、2箱6両で編成を組むとなると1編成にパンタグラフが1つという極めてバランスの悪い編成になってしまいます(6号車を組むためにはパンタグラフつきの車両の側面パーツが必要なため)。
 そのため私は結局9号車の屋根パーツを切断して連結させています。HiSEとの屋根の高さの違いを表現するため屋根パーツが薄くなっているのでのこぎりで切断するのにちょっとだけ難儀しましたが・・・。

 今月末ごろには登場時の旧塗装が送られてくる予定になっております。またその頃ご紹介したいと思います(スル関やらの方でそれどころで無い可能性もありますが・笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

【Bトレ】スル関分車両研究・その1

 いよいよスル関シリーズの発売が近づいてきまして次第に仕様が明らかになってきています。
 サービスパーツの多さにガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブルな毎日です(笑)。

 関西私鉄なんかよう知らんわ、という方(含む自分)の為に色々調べてみました。

 なお各社の紹介ページ及びファンサイトからの情報によりますが違うところもあると思いますのでその辺はご了承くださいませ。

【1:山陽電鉄 3000系(旧塗装・現塗装)】
 <旧塗装>
  前面パーツ:2種(2次車用・3次車用)
  屋根パーツ:先頭2種(非冷房・冷房)
          中間5種(非冷房標準/低屋根・冷房標準/低屋根・パンタなし屋根)

 <新塗装>
  前面パーツ:2種(2次車用・3次車用)
  屋根パーツ:先頭1種(冷房)
          中間4種(冷房標準/低屋根・パンタなし屋根)

 予想を上回る凝りっぷりに山陽の本気さを感じます。

 ・・・・また最後まで残るんでしょうけど(笑)。

 冗談は置いときましょう。

 3000系は1964年に登場、1971年までの間に増備されました。ちなみに神戸高速鉄道の開業するまでの4年間は地上の併用軌道を走っていたこともあります。
 冷房化されたのは1985年頃です。

 今回Bトレ化されたモデルは正確には2次車・3次車です。1次車はアルミ車体ですからデザインはほぼ同じですが別物と考えたほうがよいでしょう。

 で。

 2次車は当初行先表示幕を取り付けずに登場、後から付けようとした際に内部の機器と干渉することから前に飛び出した形になってしまいました。3次車は最初から装備していたのでそのようになっていません。
 屋根に関しては3次車の方がパンタ部分が低屋根化されています。

 ということで、

 2次車前面+標準屋根=2次車
 3次車前面+低屋根=3次車

 ですね。

 編成は現在は2次車は3両または4両編成、3次車は3両編成です。ただし昨年までは3次車の4両編成も存在していました。

 あと、パンタグラフは菱形のパンタグラフになります・・・が、下枠交差形のパンタグラフに交換すると当初より冷房装備で登場した3050系風になります(Bトレの場合それくらいの解釈で良いでしょう)。

 新塗装車は関しては全面的に冷房化が済んでからの話なので冷房屋根のみです。
 どちらかといえば旧塗装のほうがバリエーション的には楽しめる感じですね。

 腕に覚えのある人は銀色に塗装して1次車や、2両のみのレア車、3100系2両編成+3619号編成を再現するというのも良いかもしれませんね。雰囲気だけなら簡単に出せると思います。

 本日より山陽電鉄サイトで予約を開始していますので買いに行くのが面倒な方はご予約をどうぞ~。私は旧塗装4個+新塗装4個で予約済みです。

 ちなみに山陽電鉄は昨年5000系Bトレを通販で頼んだところ大阪市交21系を送ってくれたという前科がありますので(笑)ある意味楽しみです。

【2:大阪市交 70系タイプ・80系】
 <70系タイプ>
 前面パーツ:2タイプ(初期車用・後期車用)
 <80系>
 特になし

 長堀鶴見緑地線用の70系と今年開通の今里筋線用の80系です。
 70系は日本初の営業用鉄輪式リニアモーターカーですね。

 車体は80系を基本とするので70系はタイプ扱いになっています。
 70系は前面下がクリーム色の初期車とグリーンの後期車の2タイプの前面が付属しています。
 編成はいずれも4両編成です。

【3:南海 11000系(旧塗装)・31000系】
 <11000系(旧塗装)>
 前面パーツ:2種(難波方/和歌山方)
 <31000系>
 前面パーツ:4種(31000系用難波方/和歌山方・11000系用難波方/和歌山方)

 11000系は現行サザンと同じ銀色系の旧塗装、31000系はクリームに赤のラインの現行塗装で登場です。いずれも4両編成です。
 実車は前面の相違程度、ということで31000系に11000系のサービスパーツがつけてあり付け替えで11000系の現行塗装車にすることも出来ます。

 また11000系現行色、とか言って後から売り出すんじゃないかと思っていたんですがね(笑)。

 第1弾はここまで、阪急と京阪はまた後日・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »