« 【Bトレ】東日本KIOSKSP3 | トップページ | 【鉄道】DMV導入決定 »

2006年8月 8日 (火)

【Bトレ】スル関分車両研究・その2

 第2回は阪急2300・3300・6300系です。京阪1900系は次回に。

【1:2300系(非冷房車)】
  前面パーツ:2種(原形・更新)
  屋根パーツ:先頭2種(パンタ有・無)/中間2種(パンタ有・無)

 予想の斜め上を行く非冷房車仕様での販売となった2300系です。

 まー、確かに冷房屋根つけたら事実上2000系の再販になっちゃうわけですからこうなるのも仕方が無かったかもしれません。だいたい側面パーツは2000系の流用です。

 とはいえ更新前面の非冷房車なんぞ存在しないわけですから本当の意味でのサービスパーツになります。どうしても冷房化したければ5300系のほうから流用するしかないのでは・・・。
 つーか5300系を買ってきて2000系前面をつければ2300系冷房車のいっちょあがり(笑)。

 非冷房当時の編成はいまいち不明です(誰か教えて!)が・・・。

 (以下/Pはパンタつき車両です)

 <Mc2300/P+Tc2350>

 理屈から言うとこれが最短の2両編成。

 <Mc2300/P+M'2330+Tc2350>

 これもありです、3両編成。ある意味基本。

 <Mc2350/P+M'2330+T2380+Tc2350>

 もう一つの基本、4両編成。

 で、この二つを組み合わせた3+4、あるいは4+3が京都線用の7連・・・、と思ったら甘い!

 実はユニットとしてはこの組合せで正しいのだが大半の編成が中間に挟まれた先頭車の運転台を取り除かれて7連固定化されているわけで・・・。

 まぁ実のところ1編成ずつ細かく言うと組合せが違うのでその辺りは各自お調べください(笑)。

 あ、そうそう、嵐山線の2309F(唯一の原形編成)も2連+2連の形です。

 フルスケールのN辺りなら死ぬほど悩まないといけないところですがBトレとしてどの辺りでで割り切るか、考えどころですね。

【2:5300系】
  前面パーツ:2種(5300系更新前・6000/7000系)
  屋根パーツ:先頭2種(パンタ有・無)/中間2種(パンタ有・無)

 やはりこれも2000系のパーツを流用したモデルです。こちらは冷房車、というか新製時から全車冷房車だし・・・。
 しかしサービスパーツの付け方がどっちかというと謎。なんで更新前前面・更新後前面にならないのかと責任者を小一時間問い(ry

 というか某ページを見るとどうも更新後前面と7000系の前面という謎の組合せになる模様。やっぱり責任者を小(ry

 5300系といったらあの更新前の前面に決まってるだろうが!!!

 はぁはぁはぁ・・・、本題に戻ろう。

 すいません、更新前前面と6000/7000の前面の2種がセットされます(JAMにて確認してきました)。

 編成は7連(2種)と8連の3種類。

 7連(タイプ1):

 <Mc5300/P+M'5800+T5850+T5850+T5850+M5900/P+M'c5400>

 7連(タイプ2):

 <Mc5300/P+T5850+M'c5400>+<Mc5300/P+T5850+T5850+M'c5400>

 8連:

 <Mc5300/P+M'c5400>+<M'c5300/P+M'5800+T5850+T5850+M5900/P+M'c5400>

 無駄が全く無い(4箱で成立)の8連がもっとも効率が良い組み方。もっとも走らすときに5900を1両抜いてちょいちょいと組み替えれば7連(タイプ2)になるのだけれど。

 ついでに7300系も。

 7連:

 <Mc7300/P+M'7800+T7850+T7850+T7850+M7900/P+M'c7400>

 8連(タイプ1):

 <Mc7300/P+Tc7450>+<Mc7300/P+T7850+T7850+T7850+M7900/P+M'c7400>

 8連(タイプ2):

 <Mc7300/P+M'7800+T7850+T7850+T7850+T7850+M7900/P+M'c7400>

 時代が後になると電動車比率が下がっていて技術の進歩を感じますね。

 あえて7連を組んで余った先頭車を2300系に回す(前面は何とかする)というのも良いかも。

 あとどうせ冷房屋根パーツも昨年の8000系と同じと考えれば大量に買い込んで肩の部分を自分でアイボリーに塗り替えれば・・・・。

 多分今回販売される3種の中ではもっとも使いであると思いますが。

【3:6300系】
  前面パーツ:1種
  屋根パーツ:先頭2種(パンタ有・無)/中間2種(パンタ有・無)

 はいはいはい、ある意味今回の本命です。

 しっかりとやってくれました。6330F用の先頭車パンタ屋根を付けてくれました。

 あっはっはっはっは、やっぱり人の財布殺す気やね(笑)。

 こちらの編成はシンプル。

 基本8連:

 <Tc6350+M6800/P+M'6900+T6850+T6850+M6800/P+M'6900+Tc6450>

 6330F:

 <Mc6330/P+M'6930+T6850+T6850+T6850+T6850+M6830/P+M'c6430>

 手を抜くなら基本8連用に6箱+両端だけ入れ替えるために2箱、でもOKだけれど。

 どうするかなぁ・・・?

 ----

 2300系4箱、5300系4箱、6300系8箱が最低ラインかなぁ・・・。

|

« 【Bトレ】東日本KIOSKSP3 | トップページ | 【鉄道】DMV導入決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/2988036

この記事へのトラックバック一覧です: 【Bトレ】スル関分車両研究・その2:

« 【Bトレ】東日本KIOSKSP3 | トップページ | 【鉄道】DMV導入決定 »