« シュプール号終焉 | トップページ | ホームまで何マイル? ~大阪市交今里筋線開業 »

2006年11月30日 (木)

さよならは言わない ~神岡鉄道廃線

 今日で第三セクターの嚆矢ともいえる神岡鉄道がその22年の歴史に幕を閉じます。

 昭和41年に国鉄神岡線として開業、昭和59年に第3セクター線として生まれ変わり長く旅客輸送と神岡鉱業の濃硫酸輸送で何とかやってきましたが貨物輸送の廃業とともについに命運が尽き、今日の廃止となりました。

 私が乗りに行ったのは昨年の3月16日。同じく昨年廃線になったのと鉄道の穴水~蛸島間に乗りに行った翌日に乗りに行きました。

 2004年の台風被害で高山本線は猪谷から飛騨古川まで不通で構内南側は雪で覆われており、その端から神岡鉄道のディーゼルカーが姿を現しました。

061130001b

 車内に乗り込むと名物の囲炉裏(らしき物体・笑)が出迎えてくれました。

061130002b

 乗客は少なく、たったの数人。
 ひたすらトンネルを駆け抜け、神岡町内へ抜けるといくつかの駅に立て続けに停車し、終着のおくひだ温泉口に到着しました。

 列車はすぐに途中の神岡鉱山前へ引き返し、またこちらに戻ってくるという変則的なダイヤ。

 しばらく駅の周りで戻ってくる列車をどうやって撮影するか考えながらぶらぶらしたのが思い出されます。

 そしてこの数時間後に会社の事業譲渡の話を聞かされて地獄に叩き落されたわけですが(笑)。

 -----

 廃線は残念ですが、意外な事に観光鉄道として1年半の期間をおいて復活するという話が確定しているようです。除雪車両は樽見鉄道に売り渡しているので冬季期間の運転はまったく考えていないようですが・・・。(Simplex Memo様の記事による)
 復活の後にはぜひぜひ、乗りに行きたいですね・・・。

|

« シュプール号終焉 | トップページ | ホームまで何マイル? ~大阪市交今里筋線開業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/558/4374039

この記事へのトラックバック一覧です: さよならは言わない ~神岡鉄道廃線:

» 神岡鉄道は観光鉄道へ。 [Simplex’s Memo]
今日が運行最終日となる神岡鉄道。 この記事を書いている今頃は奥飛騨温泉口発の一番列車が猪谷へ向かっている頃だろうか。 この路線には結局2002年の夏と2005年の秋、二回しか来ることができなかった。 欲を言えばあともう一回来たかった所だが、客の少ない列車に乗って夏と秋、二つの季節が織りなす車窓をほぼ独り占め出来たことが思い出として残っているし、これはこれでいいのだと思っている。 話が本題から逸れた。 今日�... [続きを読む]

受信: 2006年12月 1日 (金) 06時57分

» さよなら神岡鉄道 [トラベログ]
岐阜県奥飛騨の神岡鉄道。 今年11月末で廃止となります。 あと3ヶ月半です。 諏訪湖の花火を見た翌日、安房トンネルを越え、 乗りに行ってきました。 アルバム「お盆2006」の写真もご覧下さい。 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 05時24分

« シュプール号終焉 | トップページ | ホームまで何マイル? ~大阪市交今里筋線開業 »