« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月24日 (水)

近くて遠い、ローカル線を巡る(後編)

#書こうとしたらココログが落ちていたり、仕事が忙しかったりしたのでちょいと遅れました・・・。

 では、後編をどうぞ。

-----

続きを読む "近くて遠い、ローカル線を巡る(後編)"

| | コメント (2)

LRT導入試験始まる

 京都にてLRTの導入に向けての運行実験が行われました。

 参照:http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2007012400066&genre=A2&area=K1B(京都新聞HP)

 ずいぶん前に参加者募集があったのは知っていたんですが平日ゆえに申し込みはしなかったのですが・・・。

 意外や意外、京都市はマジにやる気のようです。

 とりあえず今回は2車線を閉鎖、その間をLRVに見立てたバスを10分間隔で運行させてみて周辺交通に与える影響を見るというものだったようです。

 記事・写真から推測すると、ですが、

  •  単線行き違い型を想定
  •  軌道上は基本的に車両優先

 のようです。

 個人的には是非導入していただきたいところではあるもののいろいろ問題点が考えられます。
 まず今出川通りは他の東西向の通りの中でも幅が狭くど真ん中の一車線分を持っていかれるとただでさえひどい渋滞がさらにひどくなる可能性があること。

 第二にどのような形で運行されるにせよ都市政策の一環として京都市が導入するということであれば導入の代わりにバスの系統の整理がされ、市内中心部への足が分断される可能性が高いこと。
 個人的にはこれが深刻。自宅近くから一本で市内中心部までいけるのにLRT+バスで2倍近くの料金を取られる可能性もあるということ。

 第三に京福電鉄線・叡山電鉄線への接続をどうするかということ。
 私は両線の線路と繋ぐ必要性は無いと考えていますが(財政状態に余裕の無い両電鉄にLRTタイプに対応した駅設備を揃えろというのは単なる無茶)、同一ホームでの乗換えくらいは意識するべきではないかと考えています。その際に高さの差を吸収するために電車線の線路を掘り下げれば無理矢理何とかいけないかと(笑)。
 これに付帯して運賃の問題も・・・。
 開通したとして利用が多そうなのが、北野天満宮前-竜安寺(現・竜安寺道)とか、妙心寺前-堀川今出川などの京福電鉄線とLRT線を跨いだ利用。
 このような形で利用するとなると一般的な料金システムのままでは両線の運賃をそれぞれ取られてしまう事になり短距離にもかかわらず高額の運賃を取られる事になってしまうわけで(現状で京福は200円均一、おそらくLRT線も同一程度と考えられる)。へたすりゃ2キロ400円とかいうことに(笑)。
 たまにしか来ない観光客はそれでも我慢できるとしても日常的に足として利用しないといけない付近住民にとってこれはとんでもない痛手に。先述の通りバス路線の削減でもされた日にはいったいどうすりゃ良いのやら。
 それこそ妄想な話だけれど、LRT線は施設所有は京都市で、京福電鉄・叡山電鉄も現状の路線の施設・車両を所有だけして(第2種事業者になる)、LRT線を含めた全線の運行は別事業者が第3種事業者となり一括で運行だけを受け持つというのはどうだろうか?
 強引ながらこれなら全線を運賃が通算できる事になり大幅に利便性が向上すると思うのだけれど。あ、ついでにバスへの乗り継ぎも割引してくれると文句無いんですけどね。
#鉄道事業法並びに法律のことはあまり詳しく有りませんのでさらっと流していただけると幸いです(苦笑)。

 最後に車庫をいったいどこに作るのかということ。北野白梅町から出町柳までの今出川通り沿いに車庫を作れるような広いスペースは現状無いわけで・・・。
 今日の実験では8台のバスを利用したということは実際の運行に当たっては少なくても10両程度の車両を収納できる車庫が必要ということ。最終手段、叡山電鉄線につないで修学院車庫にでも間借りしますか?(笑)

 まぁ、いずれにせよ開通すれば毎日の通勤がLRTと併走する事になりますのでとっても楽しみです。

| | コメント (4)

2007年1月21日 (日)

近くて遠い、ローカル線を巡る(前編)

 手元に残ってしまった冬の18きっぷの最後の1日分。

 どこへ行くかと考え、当初考えたのが「きたぐに」に乗って富山の未乗線の一部を片付けること。
 が、黒部峡谷鉄道が運休中なのでこれではあとで余計な仕事が増えて面倒くさいだけである。

 で、結局岐阜県・三重県に集中する未乗線潰しに決定。近いにもかかわらず「数が多い」「中途半端に時間がかかる」「面倒くさい」という理由でほおって置かれた路線群である(笑)。

 無理をすれば一日で全部乗れないことも無いが煩雑に過ぎるのでおおよそ半分程度にして後は名古屋で少しぶらぶらするという予定で出発したわけで。

 -----

続きを読む "近くて遠い、ローカル線を巡る(前編)"

| | コメント (0)

2007年1月16日 (火)

flying in the sky ~ステージは海外へ

 えー、今年の社員旅行の行先が台湾と決定いたしました。

 非常にお恥ずかしい話ですが、海外は初めてです。
 出国手続きとかなんだかよくわかりません。パスポートは取った事があるけれどアメリカ横断ウルトラクイズの為に取得したっきりまったく使うことも無く失効させました(笑)。

 で、行先が行先だけに。

 台湾新幹線(正確には「台湾高速鉄道」か)に乗ってこようと思います。

 昨年同様基本的に行動はフリープランですので一人くらい台湾を横断して高雄まで行ったところで何の問題も有りません。ついでに言っておくと会社の幹部公認です(笑)。

 初の海外旅行、きっとロクでもないトラブル満載で楽しめると思います。時期は4月中旬の予定です。乞う御期待。

| | コメント (2)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

 ・・・・、ってねぇ、よく考えてみたら何がめでたいんでしょうね(笑)。
 とりあえず首と胴が無事に繋がっている事にでも感謝しておきましょうか。

 -----

 まぁそれは置いといて。

 旧年中はお世話になりました。

 昨年は未乗区間乗車距離は1400キロあまりで残りは500キロを切りました。

 JRの時は辺境の路線で苦労しましたが私鉄はごく一部を除いて都市圏に集中しているのと列車本数が多いので正直ラクですね。

 ちなみに現時点で残っているのが、

  • 札幌市交通局(地下鉄ほぼ全て)
  • 三陸鉄道(全線)
  • 御岳ケーブル(全線)
  • 松本電気鉄道(全線)
  • 富山ライトレール(全線)
  • 富山地方鉄道(ほぼ全線)
  • 黒部峡谷鉄道(全線)
  • 立山黒部貫光(全線)
  • 関西電力(全線)
  • 大井川鉄道(井川線)
  • 三岐鉄道(全線)
  • 近畿日本鉄道(湯ノ山・八王子・内部・鈴鹿・養老線)
  • 阪堺電気軌道(上町線)
  • 大阪高速鉄道(大阪モノレール・彩都線)
  • 沖縄都市モノレール(全線)

 とこれだけです。御岳ケーブルは来週片付けてきます。
 あとをどう料理するかですね。
 沖縄はさすがに単独で行くしか有りません。富山・黒部・松本は2泊3日でワンセット、三重北部も日帰り2回か1泊2日で十分。大井川も同様。大阪はわざと残してあるのでいつでも。三陸鉄道は仙台空港鉄道とワンセットで夏にでも。札幌地下鉄まで一緒に行ってしまうか、別々にするか悩みどころです。

 そろそろどこを終着駅にするか考えないといけないでしょうか。阪堺線の住吉公園電停か、京都地下鉄東西線の延伸を待って地元、天神川駅にするか・・・、あぁでも地下鉄の駅で、というのはなんだか間抜けですね。

 まぁいずれにせよさすがに今年で終わってしまうというのは無理でしょうからゆっくり考えます。

 何はともあれ、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »