« 中国に行ってきました 第2次 鉄道編1 | トップページ | これはさすがに… »

2009年1月 1日 (木)

中国に行ってきました 第2次 鉄道編2

#中国「旅行」観光写真編はこちら鉄道編1(在来車両編)はこちらより。

 -----

 さて、シメは色々な意味でホットな高速車両群です。

 中国は世界各国の高速車両を導入し、現地仕様にカスタマイズして使用しています。

 動力分散方式の車両達であり、使用される列車の列車番号は「動車組」の頭文字をとって「D」の文字が入ります。
 いずれの車両も生まれも育ちも違いますが、パールホワイトのボディに青いラインと「和諧号」という愛称が付けられています。また「China Railway High-speed」の頭文字から「CRH」とも言われます。

090101010b

 まずはカナダ・ボンバルディア社と提携したCRH1型。
 走行最高速度は時速200キロ。もっともオリジナルに当たる車両はスウェーデンの車両なんだそうですが。
 ヨーロッパの車両らしく、扉が車両のど真ん中に一つのみ。シートは固定式なので、あちこちで後ろ向けに座らされます(涙)。

090101011b

 お次はCRH5型。
 こいつはフランス・アルストム社との提携で生まれた車両で、オリジナルはイタリアで使用されています(「ペンドリーノ」ETR600型)。
 乗車したことは無いのですが、こいつもやはり座席は固定式なのだそうで。

 最後に…、
 CRH2型です。

090101012b

 そう、ご存知JR東日本のE2系1000番代をベースに製造されている車両です。
 しかし、使い勝手が一番良かったのか何なのか、既に派生系列が独自に開発されています。
 この写真の車両は12月21日にデビューしたばかりの「寝台新幹線」仕様の新型車両です。凶悪そうな目がチャームポイントです(笑)。
 通常のCRH2/CRH2C(北京-天津間に使用される高速対応改良車)型は8両編成だったのが、16両貫通仕様に改められ、両端の2両が「二等軟座」、8号車が「餐車」、それ以外の13両が「軟臥車」になっています。

090101013b

 車内に入れなかったので、はっきりした写真は撮影できなかったのですが、寝台車両で有ることはわかっていただけると思います。

 そして外観的に面白い特徴が…、

090101014b

 4号車と13号車にパンタグラフが搭載されているのですが、なんと大型シングルアームパンタグラフのダブルパンタ仕様!!
 後はコンパートメントの窓割りに合わせて、窓が小型化しているのもわかると思います。

 実は寝台車に乗るつもりが、手違いで軟座車になってしまい泣いたのですが…、そちらの写真を。

090101019b

 シートのモケットの色が変更されたのと、液晶モニターが天井(及び壁面)に装備された以外はほぼE2系と共通と思えば良いです。新幹線の車両で一晩を過ごすという体験は貴重だったのですが(笑)。

 北京・上海側共に、従来11時間強かかっていたこの区間がこの列車の登場で10時間を切れるようになったこともあり、大きくアナウンスしています。

 「臥舗動車組 移動的賓館 移動的家」
 (寝台新幹線は、移動するホテル、移動する家である)

 「新体験新感受 就在臥舗動車組」
 (体験せよ、感じよ、寝台新幹線、デビュー)

 「臥舗動車組 陸地新“航班”」
 (寝台新幹線 大地を「飛行」する)

 こんなコピーが駅に踊っています。

#訳は下手な意訳です、すいません

 今回この列車の2往復(あとは杭州・北京間が1往復の計3往復)の登場で、Z列車が2往復削減されたのですが、おそらく今後はこのタイプの列車がどんどん増えていくことと予想されます。

 鉄道ファンの長年の夢だった「寝台新幹線」がこんなところであっさり実用化されてしまったのは複雑というかなんというか…。

 以上、今回の中国「旅行」の簡易レポートを終了したいと思います。

|

« 中国に行ってきました 第2次 鉄道編1 | トップページ | これはさすがに… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国に行ってきました 第2次 鉄道編1 | トップページ | これはさすがに… »