« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年10月29日 (木)

秋に廃止の話をしないといけないのは寂しいことですが。

 10月31日をもって、北陸鉄道石川線の鶴来~加賀一の宮間が廃止になります。

091029001b

 正直言って、石川線自体が割と印象に薄いのですが・・・。
 というか、北陸地方の内陸部へ向かう路線って、風景の雰囲気が妙に似ているんですよね。

091029002b

 ただこの駅は、カーブ上にこぢんまりと設置されているということと、古びた駅舎がそのまま使用されているということで比較的印象には残っています。

 訪問したのは2005年8月、たしかその当時から、この区間の存続が議論されていたような記憶があります。乗客数を考えれば、良く持ったというべきなんでしょうか。

 ------

 そしてもうひとつ。

 「名松線の今後の輸送計画について」(JR東海ニュースリリースより)
 (http://jr-central.co.jp/news/release/nws000410.html)

 先日の台風18号で甚大な被害を受けた名松線の家城~伊勢奥津間についてなんですが。

 三行でまとめると・・・、

 現時点でものすごい被害を受けている。
 直しても、また簡単に不通になる可能性がある。
 やってられないのでバス代行輸送で勘弁してほしい。

 …、さすが倒壊さん、あっさりあきらめました。

 おそらくはこのまま鉄道路線としては、廃線にされてしまうのでしょう。

 たしかに家城以西は沿線人口が大きく減るうえに、シャレにならない山岳路線ではあります。復旧しても採算がとれない、ということなんでしょう。

 個人的には名松線は結構思い入れのある線なので、残念ですね。

 ・・・あれ?バス代行になったら、乗り直しをするべきなのかな?

 乗り潰し派としては頭の痛い命題です(苦笑)。

091029003b

▲ 新築中の伊勢奥津駅舎。たった5年前なんですが・・・。

091029004b

▲ 伊勢奥津駅といえば、この給水塔。今でも残っているのかな?

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

大分ホーバー、力尽きる

大分ホーバー廃止 10月末 負債5.7億円 会社清算へ
(http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/125234 西日本新聞HPより)

 日本唯一のホバークラフトの定期運行路線を持つ大分ホーバーフェリー社がついに力尽きてしまった模様です。

091010001b

 この6月に乗りに行ったのが最初で最後になってしまうとは…。

 「船」に乗り込むのに「陸上」で「タラップ」を使って乗り込むのやら、陸上走行時にドリフト走行をかましてくれたり、非常に楽しい乗り物だったわけですが。
 とはいえ、乗り心地はお世辞にもいいとは言えなかったんですが。

#工学的には「航空機」らしいので、上記の乗機のお作法も間違ってはないともいえるが。

 まぁ、ぶっちゃけ、空港バスのほうが圧倒的に利便性が高かったしなぁ・・・。

 -----

 この路線が運航を停止することによって、ホバークラフトに乗ろうと思うと…。
 かろうじて路線が残るイギリスに行くか、自衛隊に入って揚陸艇として使用されているモノに乗るしかないようです(笑)。

| | コメント (2)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年12月 »