2006年9月26日 (火)

【Bトレ】実車研究・103系N40車(阪和線)

 今日は阪和線を走る103系N40車のお話でございます。

 どうやら6箱買う羽目になりそうな西スペ2ですが、色々検討していて厄介な事になりそうなのがこのスカイブルーの103系。

 もともと4両持っています。6箱ということは4連×3が追加されるわけです。

 しめて16両になるわけですが・・・、思い返してみると阪和線でN40車をあまりに見たことが無いわけです。

 先日和歌山からの帰りにたまたま乗ったのが下の編成。

060926001b

 純粋にN40車だけで構成されている6両編成です。低運転台仕様なれどヘッドライトはオリジナルのままという試験的な要素を持った編成です。K611編成というそうです。

 6両はこれでいいでしょう。ヘッドライトだけまた何とかしないといけませんがこんなこともあろうかと(笑)例のジャンクボディの阪和線仕様の物も買ってあるのです。

 さて、それ以外のN40車は・・・・?

 これがあまりに少ないです。特に森ノ宮と日根野の間で頻繁に車両の入れ替えがおこっており状況がさっぱり把握できないというのもあるんですが・・・。

 とりあえず確認できたのが2つの編成。

 J423編成:
 クモハ103-2504+モハ102-451+サハ102-1(延命40N)+クハ103-192

 K613編成:
 クハ103-837+モハ103-784(N30)+モハ102-2041(N30)+モハ103-786+モハ102-2043+クハ103-846

 前者はクモハ103唯一のN40車と延命工事がされていたためにN40化工事がされなかったサハ102が組み込まれる実に妙な編成です。前面は埋め込みヘッドライト+低運転台です。

 この場合ネックになるのがその2両。クモハ103は播但または加古川からクモハ屋根を移植してこないといけません。まぁどの道余る屋根を移植してくりゃいいんですが。
 サハ102-1が・・・形態が不明ですが延命40N工事ということは外見はATC中間車で戸袋・妻窓を埋めて屋根上のグローブベンチレーターを撤去・・・。これまた大工事・・・。

 出来上がれば見た目結構ヘンで面白そうですが。

 後者は中間ユニットがN30で、それ以外はN40車です。先頭は高運転台の埋め込みライトです。とかいいつつ資料によっては全車N40、となっているものもあったり・・・。
 N30車だった場合これまた手間な改造が待っているわけで・・・。

 一応これで先頭2両余りますがきっちり消化できますね。

 どの道いっぺん調査の為に張り込まんといけませんねぇ・・・。

| | コメント (5)

2006年9月24日 (日)

【Bトレ】103系途中経過・前面編

 側面が1枚出来上がりましたので前面に取り掛かっています。

 先述の通り前面はそのまま適合できるものが無くある程度「いじる」ことを要求されます。

 まずはヘッドライト。当初は丸型シールドビーム2連を予定していましたが実車でそのタイプの車両はあまり多くなくATC車で見られるような横長のライトケースに収まるタイプの車両が多いのが実情です。しかしこんなパーツが単体で市販されているわけも無く途方に暮れていたのですが先日GMストアでいいものを見つけました。

060924001b

 GMの103系N40仕様車のジャンクボディです。なんだか傷だとか塗装不良らしいのですがそんなの全然関係ありません。ちなみに300円也。

 見ての通りこのボディはN40仕様車独特の埋め込み式2連ライトなんですがオプションパーツとして、

060924002b

 この通り、埋め込み式じゃないライトを再現するためのパーツがボディにセットされているのです。

 こいつを前面に移植すれば・・・低運転台の横長2連ライトが再現できるじゃないですか!

060924003b

 で、前面パーツのほうもとりあえずいじりました。下部の通風口はカッターで切除、ライトも同じく削りました。先述のライトケースの裏に取り付けガイド用の出っ張りがあるのでそれに対応できるように少しボディ側をピンバイスでえぐりました。ライトの表現をするためにガンダムマーカーで銀色を垂らしました。

060924004b

 どうでしょうか?斜め向けに写真を撮ったのでライトまで斜め向いているように見えますが実際には平行についています。

 あとは慎重にマスキングして塗装するのみですね。

 あ、塗装はGMスプレーの朱色1号を使用していますがBトレのオレンジとは少し色調が異なります。少しくすんだ感じの色ですが実車の褪色具合を考えるとこの方がよりリアルかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

【Bトレ】KIOSKSP3 E531系

 KIOSKSP3、最終回は一番人気の常磐線用の新型通勤車、E531系です。

060923004b

 実車は昨年より導入され現在も増備が続けられ、間もなく403・415系を主役の座から蹴落とす予定となっています。
 編成は基本10両編成・増結5両編成の15両編成。今年度より2階建てグリーン車が挿入されます。そのために現在増備中の基本編成は6両編成のものが出てきています(既にあるサハ2両と新製のサロ2両を挟めば10両編成になる)。

 いずれにせよ正面切ってフル編成にするのははっきり言って無謀です(笑)。現在4両で大体5000円弱で取引されてますから・・・、Nゲージでも買ったほうがマシですね。

060923001b

 ウチでもご多分に漏れず4両です。

 実車どおり側面はE231系近郊型そのものです。

 前面と屋根と妻面が専用パーツとなっています。先頭車側面はトイレつきとトイレ無しとが選択可能です。もっともトイレなし先頭車というのは増結編成の水戸方の1両だけですが。
 窓パーツは近郊型のセミクロスシート使用の3分割の窓パーツがついています。つまり苦労してフル編成分車両を揃えても凝りだすと2分割の窓パーツまでどこかから調達してきて挿げ替える羽目になります(笑)。

060923002b

 注目の屋根パーツ。東日本トランスポーテック社(この会社JR東日本の子会社なんですね)のクーラーがしっかりと表現されています。
 ちなみにこのE531系付属の取扱説明書はE231系と共用になっており、その中には「E231系(後期)屋根」という表記があります。つまり屋根の仕様を変更したE231系が後々登場するのは間違いなさそうです。更に言うとE531系中間車の屋根ランナーパーツの中心が不自然に空いているのですが、この空間にE231系の後期仕様のパンタ付きの屋根が挟まれているものだと考えられます。

 E231系(山手線)の運転セットが登場しますがこっそりと屋根が変更されていたら面白いなと思ったんですが残念ながらそうではないようです。しかし次に山手線仕様の500番代を出すんだったらトランスポーテックのクーラーにして屋根端のちっちゃいボックス(ラジオアンテナでしたっけ)は実物どおり「ナシ」にして欲しいものですね。

 あぁ、そうそう、組み立てた方はイヤというほど思い知らされたでしょうが、

 前面にスカートがはまりません。

 事前に聞いていたので接触する部分を削りまくって挑んだんですがそれでもまだ浮いてます。前面裏側から延びている棒が太い(スカートの穴が小さい)のでどうにもこうにも・・・。多分スカート側の穴を拡大して接着剤で止めてしまうのがもっともよさそうです。

 さて、フル編成化ですが、実は諦めていません。

 問題は前面と屋根だけです。先頭車の前面はどうしようもないのでオクで落としました。先頭車だけなら案外安価です。

 中間車は・・・色を塗り替えちゃえばいいじゃないですか。幸いにして関西方面には総武線仕様とか常磐線仕様がごろごろ売っています。屋根は某ルートから手配していただきました。ダブルデッカーはP16のがどうせ余るので編入。先述の窓パーツ問題も実はそっちから転用したから正しいものが使えるわけです。計画だけは完璧じゃないですか(笑)。

 完成がいつになるかわかりませんが地道に頑張りますよ・・・。

 -----

 今日の103。

060923003b

 どうでしょうか?朱色1号を吹いてみました。地色のグレーがまだ見えているのでもう一度吹くべきでしょうね。

 もう「走れば見えない」レベルになってきたのでこんな感じで反対側と前面にかかりたいと思います。西スペ2でN40中間車が導入できる事になるので「先頭だけ非更新車で8両」という編成でキメたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

【Bトレ】KIOSKSP3 115系3態

 あー、もう、めっちゃ疲れた。

 微妙に投げやりですが(笑)やっとこさ115系30両組みました・・・。今まで1両も無かったのに、ねぇ・・・。

060921001b

 手前からスカ色・新長野色・旧長野色。

 旧長野色は1990年代のたった数年間だけ存在した塗装で、長野オリンピックの開催を機に手前の新長野色に切り替えられました。
 新長野色の車両はやたらめったら長距離に渡って運用されており、東は東京の立川、西は岐阜の中津川まで顔を出すという状態です。E531系を別格とすればかなり今回の中では人気のあるモデルです。
 スカ色は現在では豊田所属の車両にのみ施されており、かなり少数派になっています。

 今回旧長野は4両(実車で4両は存在しないのだけれど)、新長野3両+6両、スカ3両+6両を手に入れました。

 で、微妙に問題がありまして。

 まず新長野色は黒いスカートがついてますが実車はグレーです(過去に存在したが今は無い)。
 ということでスカートをグレーに塗装しました。

060921002b

 結構いい感じになりました。

 で、次にスカ色の6両編成というのは現在では豊田区のM40編成しか存在しないのですが、これの片方のモハ114は霜取パンタつきの2パンタ車なのです。
 当然こんな屋根は付属していません。

060921003b

 2枚のパンタ屋根を使用して切り継いでつなぎました。

 手前の菱形パンタの足元にラインが丸見えです。そりゃ全くの未処理ですから丸見えですね(笑)。とはいえ初めての切り継ぎにしては妙に決まったものです。逆にここからあーだこーだといじりだすとかえってややこしくなりそうなのでこのままでしておこうと思います。

 うん、走ったら見えへんし(笑)。

#この辺の詳細に関しては赤ガマさん提供の情報に基づいています。感謝いたします。

 -----

 今日の103。

060921004b

 とりあえず一度状態確認の為にグレーを吹いてみました。

 まだまだ埋めたところが丸見えですね(笑)。改めて削っていかないと。でも号車札差しやら戸締め灯のモールドを削らないようにするのはホント至難の技です・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

【Bトレ】今後の予定色々

 えっらいどんづまってからようやく今月下旬~11月の予定が決まってきました。

 9月25日 相鉄ED11形電気機関車・モニ2000形電気計測車
 ※ とんでもなく渋いものが出てきましたね。ELは実車4両、後者は3両編成ですのでフルコンプなら各2個ずつ。通販もありますので慌てなくても多分大丈夫。

 10月1日 西武N2000系2両セット
 ※ 結局9000系の前面がつくのかどうかははっきりせず。個人的にはついて欲しくない(笑)。

 10月上旬 「旅の贈り物」映画撮影用3両編成セット
 ※ 一般流通もありますので別にムリしなくていいです。

 10月中旬? 西日本SP2
 ※ 個人的には14日の鉄道の日があやしいかと。

 10月 NEX6両セット

 11月中旬 私鉄限定版 3両セット 2種 鉄道会社先行
 ※ 「先行」というのと同様の内容のもの?が11月下旬に一般販売が予定されているところからほぼ間違いなく小田急関係と思われる。ネタから考えるともはや3100形NSEの標準塗装と「ゆめ70」号しかないと思うんですが。

 まぁ大技で20000形RSE&371系というのもあるかもしれませんが(笑)。

 11月 クモユニ143+クモユニ147・2両セット
 ※ これはもう自動的に天賞堂で決定と思います。 

 11月上旬 通常版パート16
 ※ なんやかんやでこの時期まで飛びましたが、もっと飛んでいって欲しいです。できれば1月くらいへ(笑)。

 この後もなんだかまた12月頃に私鉄限定版の予定が結構入ってきていますね。

 やれやれ、ですな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【Bトレ】西日本SP2発売決定

 いや、もう、事前にわかっていたようなものなのですが・・・。

 昨日の早売りのRMM誌に載っていた情報です。

 構成は、

  • 103系N40 オレンジ 先頭・中間 (実車8両編成)
  • 103系N40 スカイブルー 先頭・中間(実車4・6・8両編成)
  • 103系N40 ウグイス(前面白帯入) 先頭・中間(実車6両編成)
  • 103系N40 播但線 先頭(実車2両編成)
  • 103系N40 加古川線 先頭(実車2両編成)
  • 205系 東海道緩行線 スカイブルー 先頭・中間
    (実車7両編成、ただし阪和線に転属後は6両)
  • 153系 高運転台 新快速色 先頭・中間(実車6両編成)
  • 207系 新塗装 先頭・中間(実車4+3両編成)
  • 223系1000番代 新快速色 先頭・中間(実車4・8両編成)
  • 223系2500番代 関空快速色 先頭・中間(実車3+5両編成)
  • キハ120形200番代 越前大野鉄道部色(越美北線)
  • キハ120形300番代 富山鉄道部色(高山本線及び富山港線)
  • キハ120形300番代 浜田鉄道部色(三江線・山陰本線)
  • キハ120形0番代 木次鉄道部色(木次線)
  • キハ120形200番代 木次鉄道部色(木次線)

 あれ、これじゃ23個ですね。多分、

  • キハ120形0番代 山口鉄道部色(美祢線・山陰本線)

 が入るのかな?

 この中で謎なのが223系、2000番代ではなく1000番代らしいのですがそれだと側面にビードが入ります。一方の2500番代は2000番台をベースに作られているのでビードがありません。側面使い回しが大原則のBトレでこれはちょっと考えにくいです。

 まー、いずれにせよ。

 また、財布が死にますね(笑)。最低4箱買いですか・・・。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

【Bトレ】103系途中経過その2

 103系その後。

060919004b

 こんな感じになりました。裏からプラ板で塞ぎ、内側に0.5mmのプラ板を芯代わりに沈めてパテを2回に分けて盛り付けました。

 この写真ではわかりませんがかなり前に膨れています。が、ぎりぎりの量だとヒケるのが目にみえているのでこれで問題ないでしょう。

 もっともここから頑張ってツライチにしないといけないわけですが・・・。

060919005b

 で、最近オープンしたばかりの日本橋のグリーンマックス・ザ・ストアでこんなものを仕入れてきました。

 GMの西日本スカートはあいにく品切れ、ということでタヴァサの103N40車用のスカートを購入。

 上の車体は・・・ふふふ、さぁ何でしょうね。うまくいったら説明しましょう。

 うまくいかなかったら・・・永久に封印です(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【Bトレ】遜色急行「かいじ」号

 先日KIOSKSP3を買った際に「出てしまった」シークレット、サロ165-14。

 実車は1970年から1972年のたった2年間だけ、なんと115系で運転された急行「かいじ」(今の特急「かいじ」の前身ですね)で使用された車両。
 急行用車両でない普通の通勤用の車両で運行されたのでこの115系かいじ号は「遜色急行」と呼ばれたといいます。今で言うと急行「つやま」みたいなもんですね。

 えー、しかし。おっさんの私ですら生まれてない時代の話です(笑)。

 まぁ何はともあれここでバンダイはきっちりトラップを仕掛けてくれました。

 この車両の相方になる115系は「非冷房・非ユニットサッシ車・低屋根仕様」のものでないとダメなのです。KISOKSP3のスカ色115系は「冷房・ユニットサッシ・通常屋根」なんですね、これが。

 で、前述の条件を満たす115系はパート11の115系スカ色じゃないとダメだったわけです。しかも先頭4・中間3が必要となかなかハードルが高いわけで・・・。

 風の噂によるとアキバからパート11が消えたとか・・・(笑)。ウマイ商売を考えたものですね・・・。

 私も相当てこずりましたがなんとか開封売りだけで揃えました。さすが関西(笑)。

 とりあえずまずはシークレットのご尊顔を(笑)。

060919001b

 実車でも多分そうだったんだろうなと思うんですが、浮いてます。

 他の車両が非冷房車で、この車両だけクーラー付。この時代のグリーン車にはそれ相応の価値があったんだろうなと思います。

 編成サイドビュー。

060919002b
▲ クハ115+モハ114+クモハ115+サロ165→

060919003b
▲ →サハ115+クハ115+モハ114+クモハ115

 と、こんな感じです。車両の構成は間違って無いはずですが向きがあっているかちょっと自信が・・・。

 運悪く?シークレットを引き当てた方、バンダイの策略に乗って悪あがきしてみるのはどうでしょうか(笑)。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

【Bトレ】103系3000番代タイプ

 大阪環状線仕様の103系にAU75クーラーを供出するために103系高運転台(ATC)タイプの4両セットを買ってきました。色はウグイスで。

060917006b

 はい、この通り。かつて(ってつい先年まで在籍してましたが)川越・八高線で活躍した103系の3000番代タイプの出来上がりです。

 ・・・、え?なになに?

 全然違うだろって?

 え、屋根上のユニットの配置順が全然違う?中間車に行先表示幕が無いはずだろ?サハに残っているパンタ撤去後はどうした?

 ・・・、そんなもんやってたら大阪環状線仕様の比じゃないくらい時間かかるやん(笑)。というか技術的に無理。

 最近いい言葉を教えてもらったんですよね。

 「走ったらわからへん」って。あー、便利だ(笑)。

 おまけ。実車(2003年4月撮影)

060917007b

 -----

 というかこのインバータークーラー屋根っていったいどの色のどの車両に正しく適合するのかさっぱりわかりません・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

【Bトレ】小田急7000形LSE旧塗装とか。

 これまた地味ーに忘れられている感のある小田急7000系LSEの登場時塗装車です。

 とはいえ関東ではさすがにバカ売れしていて定価売りのTRAINSくらいしかないそうですが関西では割と普通に売っていたりします。

 で、組んでみました。当初はてこずった連接構造車ですが今では電話片手で鼻歌交じりに組めるように(笑)。

060915001b

 塗装が素晴らしい!リタッチがゼロではないもののあのHiSEを作ったのと同じメーカーとは思えない仕上がり!やっとこさ十分に見れるレベルになってきたようです。
 もっともこの工場が手がけた山陽3000系がかなり「すごい」らしいので手放しでは褒められないのですが(笑)。

 しかしやっぱりロマンスカーといえばこの色ですよねぇ・・・。若い人はともかくとして昔のロマンスカーを知る人には是非買って欲しい一品です。

 さて、次はNSE3100形ですよねぇ。11月がアヤシイと睨んでますが。

 -----

 103系途中経過その1。

 なんと丸一日で塗装が落ちました。これはびっくり。

060915002b

 右下のように戸袋窓以外をマスキングしてしまってまずはHゴムのモールドを取り去ってツライチにします。
 ちなみにノギスを持ってきて車体の厚みを測ってみたところジャスト1mm。ということで1mmのプラ板で埋めればいいかと思いますが1mmの板をたったこれだけの大きさに加工するのは至難の業ですので0.5mmを2枚重ねにしてみようかと考えています。

 -----

 で、皆様にお願いですが。

 KIOSKパート3のE531系を持っている方で「中間車のパンタなし屋根パーツ」を譲ってもいい、という方、おられたら是非に連絡を!!

 何を考えているかは大体お分かりだと思いますが(笑)。冗談のようですが15両フル編成化に挑みます。是非にご協力を!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧